子の心親知らず

出産後2年で離婚した毒親育ちのシングルマザーが親子のあり方を考察するブログ。

アセンションへの道:不要なものを削ぎ落とす

愛と調和の地球へ移行するために

必要なこと。

 

1、不要なものを削ぎ落とす

 

実は今のコロナ騒動は本当の自分の望みに

気付くチャンスだ。

 

  • やりたくないのにやっていたこと。
  • いたくないのにいた場所。
  • 今の自分にいらないもの。
  • 息苦しい人間関係。
  • 自分には不要な情報。

 

今年の8月末までに完了させる必要が

あるとバシャールたちが言う

 

”針の目を抜ける”ためには

 

身も心も出来るだけ身軽にした方がいい。

 

と言うか、余計なものなど持っては

通れないほど細い目らしい。

 

震災の時に

あれもこれも持って逃げるわけに

いかないのと同じ。

 

2012年から始まっていた

アセンションへの準備期間。

 

ちょうど結婚したその年から

私は自然といろいろ捨てている。

 

話が合わなくなった古い友人。

嫉妬や仲間外れなど、いじめの空気が

ある職場。

確実に寿命が縮まる電車通勤。

見たくないのに気になるSNSの他人。

食べたくないのに出されたから食べている料理。

いろいろな固定観念、常識、思い込み。

 

モノも何度も思い切った断捨離を

してきた。

 

いろんな能力者やカウンセラー、ヒーラー、占い師

に見てもらってきたが、私はどうやらすでに

ほぼ覚醒しているらしい。

 

最後の汚れ、捨てられていないものが

一緒にいると必ず傷つき、不愉快な気分に

なるのに離れきれずにいた、親だ。

 

私にとって、親孝行しなければいけない。

親から離れてはいけない、という洗脳は

非常に強固なもので、分かっちゃいるけど、、、

状態が長く続いていた。

 

そこをきれいにするために

今回のコロナ疎開の必要性があったのだと。

 

私の場合は。

 

このコロナ渦は地球人類誰1人として

無関係でいる人はいないので

みんなそれぞれに最終仕上げの気付きの

チャンスが与えられている。

 

ここでも気づかない人は

このまま眠りの世界へ。

 

目覚めた人はハッピー100%の

世界へ。

 

2020年は、最終仕上げ。

 

まず1つ、知人の勧めで入った

オンラインの仕事のチームを今月で抜ける。

 

私の得意を生かせる仕事ではあったけれど

給料と能力のバランスに不満があり

ミーティングが夜だったりセミナーが土日

だったりとシングルマザーには合わないスタイル

だったので、自然とやめることにした。

 

オンライン上だけの会社で会った事のない

メンバーがほとんどだったけど

チャットできつい言葉の応酬があったり

トップの人格は好きだったけど
なんかメンバーの空気が微妙だった。

 

昨日美容師さんと話していても

思ったけど

 

「コロナ収束にはワクチンと特効薬が

待たれますよね〜」と本気で思っている人とは

私はもう話ができない。

 

ヤバイって。

医療盲信してるなんて、この時代に

ロボット化まっしぐら!

 

どうやったらそんなに

人間の体を信じないことができるんだろう?

 

逆に。

 

人間の敵は人間です。

 

胃が痛かったら胃薬を入れるんじゃなく

1日2日食べない。

 

入れるんじゃなくて、抜くんですよ。

 

「入れない」ことが健康への近道〜!!!

 

私は母が作った夕食を食べると

体がとても重くなる。

 

母のエネルギーが重いから。

 

市販のものを食べた時は重くならない。

 

本当に、実家に住んでいると

3〜5キロ増える。

いっつも。

 

父は母の作ったものを文句言わず

全部食べているから

お腹がぽっこり太鼓のようになっていて

コレステロール値と血圧が高いのを

気にしている。

 

食べなかったら治るわ。

 

と私が言うと2人口を揃えて

この年になって食べる楽しみとったら

何が残るねん、と言う。

 

じゃあ気にすんなよ、と思う。

 

その点子どもは賢い。

 

お腹が空いてなければ食べない。

誰が何を作ろうと、食べたいものしか

食べない。

 

自分の体と心に正直。

 

それこそが、健康でいる唯一の方法。

 

仕事が片付いたら

実家の部屋をゲストルーム仕様に

する作戦。

 

楽しみだわ〜。