子の心親知らず

出産後2年で離婚した毒親育ちのシングルマザーが親子のあり方を考察するブログ。

パパという存在に対する娘の思いと私の思い

先週、知人家族と遊んだ。

 

娘さんは4歳でうちの子より1つ下。

 

パパとママと子ども。

 

写真に映る時

公園にいる時

いろいろな場面でやっぱり3人っていいなって

思った。

 

2人と3人って

大きく違う。

 

その前に、家に注文した4歳のアルバムが

届いたので娘と一緒に見ていた。

 

娘が自分が赤ちゃんの時のも見たいと

言ったので、ちょっと躊躇いはあったけど

0歳のアルバムを見せた。

 

赤ちゃんの自分を抱っこしている男性

何枚か見た後に娘が

「このおじさんだあれ?」と言った。

 

3歳の時にも何かの写真を見て

聞かれたことがあったけど

もう覚えていないんだろう。

 

適当に嘘をいうわけにもいかないので

「りんごの、パパだよ。」

と言った。

 

「・・・え?

りんごにもパパいたの?」

 

「いたよ。0歳の時はね。

今はもうお空に行っちゃったの。」

 

「へえ〜」

 

どう理解したか分からないけど

それ以降娘は写真に出てくるその

おじさんを見ても何も言わなくなった。

 

パパのことを聞いたりもしない。

 

賢い子だ。

小さな子は本当に賢い。

 

きっと私の表情や口調で

あまり聞いてはいけないことだと

察したのか

 

詳しく聞くと自分もママも悲しくなると

察したのか。

 

赤ちゃんの時にいたその人が

今ここにいないということだけで

十分だったんだろう。

 

子供にとって大事なのは

”今”だけ。

 

今いないなら、いないということ。

 

娘がパパが欲しいと思っているかどうかは

分からない。

 

今のところは男性でも女性でも

子供好きで優しい人には懐く。

 

私は、パートナーが欲しい。

子供にパパを作ってあげたい。

3人家族になりたい。

 

離婚からもうすぐ3年。

 

離婚当初はもう結婚はいいや。

男はいらないってまさに

母の思惑通りのことを思ってしまっていた

けど

 

それから実母の陰謀に気づいたり

元夫が亡くなったり

海外の新しい場所に引っ越してきたりしたことで

考えもいろいろ変わった。

 

もう1人子供というのはもう望めないけど

もしも私と娘を丸ごと受け入れてくれる人が

現れたなら

3人家族になりたい。

 

そして大型犬を飼う。

 

そうしたらきっと

同僚の彼女にちょっと嫌な態度を

取られても

母のことでモヤモヤしても

いちいち揺さぶられずに

しっかりと地に足つけて生きていけそうな

気がする。

 

私はサイキック能力が普通より少し

開花しているらしく

 

数年に一度未来のビジョンが

額に見える。

 

2014年夏

まだ妊娠もしていない時に

見えたビジョンがあった。

 

それは7年後、つまり2021年

夫と44歳の私と6歳の娘が

笑顔で手をつないで

リムジンから降り、高級ホテルの中で

行われる王族の晩餐会に向かうシーン

 

その男性はてっきり夫だと思っていた。

夫とならあり得る未来だと思った。

 

夫はそのビジョンを生きる励みに

していた。

 

そして当時妊娠もしていなかったのに

そのビジョン通りの年齢になる

年に娘が生まれた。

 

娘は11月生まれなので今年6歳でいる

期間は1ヶ月ちょっとしかないけれど

このビジョンが実現する可能性はゼロではない。

 

今まで見えたビジョンも現実になってきた。

 

その男性はてっきり夫だと思っていたけど

彼はもうこの世にいない。

 

だとしたら、これは誰だろう?

 

新しいパートナーだったら

嬉しいな。

 

その時のために

そして嫌なことを考えてモヤモヤするより、

ヨガをして体と心を美しくしておこう。