子の心親知らず

出産後2年で離婚した毒親育ちのシングルマザーが親子のあり方を考察するブログ。

病気になる最大の原因は過労とストレス、次に人工化学物質

12月、1月と体調を崩している。

 

2日に室内プールと遊び場に行って

1月4日に娘が熱を出した。

 

プールか遊び場でウイルスもらったな、

こりゃ・・・

 

この地の冬は厳しく、

湿度は30%程度、昼間も氷点下の日が多い。

 

伝染病の時期なのである。

 

だからよくわかっている地元の親は

冬に室内の遊び場に連れて行ったりしない。

故に空いている(汗)

 

2年前も冬に遊び場によく連れて行って

インフルにかかったというのに。

油断した。

 

娘は4日夜には40度近い熱を出したけれど

元気は元気で、よく食べ、

翌日熱は下がった。

 

さすが子どもは高熱で速攻ウイルス撃退だわ!

と感心していたけれど、今回の菌はしぶといようだ。

 

鼻水と喉の痛みがあり

6日に一度幼稚園に行かせたけれど

翌日また発熱。

 

8日は私も喉の痛みを感じ

(子どもの風邪はママはほぼもらってしまう)

以降今まで引きこもり中。

 

幸い?二人とも冬休みに入ったところ。

 

11日には鼻水が出るくらいで

もう熱もないし大丈夫かな、と

温泉行きたいとずっと言ってる(年寄りか!)

娘のため、それこそ温泉でゆっくりしたい

自分のため

 

ここより少し暖かくて

温泉の多い街に旅行に行こうと決意。

 

職場からも省外に出る人の確認表が

回ってきたのでその勢いで

15日出発の予約完了。

 

ところが12日、私は頭が痛い。

顔が熱い。夕方体温37.9度。

 

あ〜まじか〜

まずいわ〜

鼻水だけならごまかせるけれど

熱はあかん。

 

旅行先へは飛行機で行く。

今は空港でもどこでも体温測定がある。

 

万が一、反応してしまったら。

 

捕まって病院送り。

検査、隔離。

 

体調不良を隠して旅行に行こうとした

罪を問われ、最悪警察沙汰。

(中国ではコロナ関連で虚偽の申告が

重大な結果をもたらした場合

立件され、罰金あるいは投獄される。

まじで!)

 

怖い。

結婚生活時代2ヶ月に1度は空港にいた

旅慣れた私だけれど

今、空港は緊張する場所である。

 

なんて時代だ!

国民が大人しくいうこと聞いているから

こんな不自由な世界になった。

 

で、直近の問題として

私は今日一日中悩んでいた。

 

今日も朝は平熱だけど

夕方37.5度。

 

病院には絶対行きたくない。

行けばそれこそ旅行に行けなくなる。

 

母子二人の海外生活。

私は何があっても娘と引き離されて

隔離されるわけにいかない。

 

なんとか自力で治して

完治してから出発しないと。

 

いやでも暖かい地域に行って

温泉入って美味しいもの食べた方が

風邪治る気がする。

 

いやコロナ前の世界なら

そうしてた。

 

鼻水と微熱くらいで

変更手数料払ってまで

旅をキャンセルしたり変更したり

しましたか?

しないな。

 

でも今は、リスクが高すぎる!

 

体温37.3度以上でアウト。

 

そんな自問自答をオラクルカードまで

使って1日繰り返した挙句、

変更料金など諸々2万ほど

追加で払って翌週に延期した。

 

この寒い場所で娘と二人家に

引きこもっているのは精神的にも

いいことないけれど

その間にあらゆる民間療法で

治そう。

 

蜂蜜紅茶

ビタミンCのど飴

花茶

暖かくする

よく寝る

ひたすら横になってキュンキュンする

ドラマを見て笑う。

 

免疫力を上げる1番の方法

それは 笑うこと!

 

私が離婚以来風邪を引きやすくなったのは

やっぱり笑うことが減ったからだと思う。

 

集団生活で伝染病をもらいやすい

小さな子供と一緒にいるのももちろん

理由の1つだけど

 

離婚以来、

毒家族のこともあって

心が沈んでいることがやはり多かった。

 

夫と一緒にいる時

世界中、不衛生なところにだって

行ったが、風邪なんて7年間で1度しか

引かなかった。

 

12月は学期末で一番仕事が忙しい時で

家でも週末も子供の相手でゆっくり休憩

することができない私は過労になってしまう。

 

そこから1月入ってすぐの母とのバトル再燃で

心の元気までなくなって

易々と娘の風邪をもらってしまったというわけ。

 

さらにシングルマザーの辛いところ。

 

自分が病気のとき

誰も世話してくれない。

 

調子が良くなった娘は遊ぼう遊ぼうと

言ってくるし

それはもう言って聞かせられない歳でも

ないので、言うのだけれど

 

食事の用意も、洗い物も

掃除洗濯も、やってくれる人は

いないから

自分で立ち上がるしかない。

ゴミ出しも、自分がいかないと

たまる一方。

 

熱があっても一日中

布団に横になっていていいなら

すぐに治せるものを

動かないといけないから

なかなか治らない。

 

年齢のせいもあって

高熱が出なくなり(涙)

微熱が長期間続くように

なった。

 

高熱を出すには体力が必要だから

歳をとると高熱が出せなくなる

そうだ。

 

若く見えてももう40代。

体は正直だな・・・

 

娘は大砲でドッカーンと

ウイルスやっつけるところを

私は小刀でブスブス一人ずつ

やってる感じか。。。

 

娘の体内には将軍が何人もいるが

私の体内には歩兵しかいない・・・(悲哀)

 

だけど本当に

離婚してから体力が弱ったように感じる。

 

離婚直後は不整脈が酷くて

肝臓に何か腫瘍も見つかっていた。

夜になると心臓がバクバクして

このまま止まってしまうのでは、と

隣に眠る幼い娘の顔を見ながら不安に

なった。

 

実家を出て新天地を見つけてから

それは治ったけれど

風邪はひきやすくなった。

加えて風邪ひいたらゾンビ扱いの

このご時世。

 

世の中は緊張感に満ちていて

笑うことはみんな少なくなっているんじゃないか。

 

私はお笑い番組を見ても

夫がいた頃ほど笑えなくなった。

 

さらにワクチン問題。

 

娘が熱を出したのは

幼稚園で3度目の集団接種が終わった直後だ。

 

私が12月に咳が出始めたのは

職場で集団接種が終わった直後。

 

接種していない私たちは

接種者から何か良からぬものを

もらって

免疫が弱っていたところをやられた、

そんな気がしてならない。

 

接種者はコロナウイルスを体内に

注入しているなら、吐息から

ウイルスを放出していると

考えるのが普通。

(ちなみに中国では不活化ワクチンである)

 

とにかく

この時代を生き抜くには

自分の免疫力を上げること!

 

笑う!

リラックスする!

好きな人に会ってキュンキュンする!

美味しいものを食べる!

よく寝る!

温かいお風呂に入る!

好きなことをする!

 

風邪治して

娘といっぱい楽しいこと

気分が良くなることするぞ!