子の心親知らず

出産後2年で離婚した毒親育ちのシングルマザーが親子のあり方を考察するブログ。

母の誕生日と母の日をスルーした私への母からのネガティブ玉LINE

母は5月が誕生日なので

誕生日と母の日をまとめてスルーした。

 

先月18日にスカイプしてから

まる1ヶ月が過ぎた。

 

4月は3回も電話したのに

5月はゼロ。

 

娘も不思議とじいじばあばに

電話したいと言わなかった。

 

週末ほぼ出かけてたし。

 

そろそろ連絡来てるかもな、と

思ってLINEを開いたら

やっぱり16日にメッセージが来ていた。

 

誕生日と母の日、

どちらもスルーされて

流石に痺れを切らしたんだろう。

 

ママりんごちゃん元気にしていますか?

連休は何処かお出かけしましたか!?

 

黄砂は大丈夫でしたか

喉とか痛くなっていないかと思っていました

 

こちらはコロナがまだまだ大変で

気持ちが沈みます

 

ニュースではそちらは穏やかに

大丈夫みたいで安心しています

 

体に気をつけて

 

二人が元気にしていてくれるのが一番です

大変でしょうがママが元気に明るく

過ごしてくれていることが一番ですので

元気にね 

 

 

本当に、この人は私が知る中で

一番素直じゃない人間だ。

 

連絡がなくて寂しかった、とか

自分がコロナニュースで気が沈んでいるから

孫の元気な声が聞きたい、とか

 

己がどうしたいか素直に

言えば可愛げがあるけど

 

常に自分は心配してあげる立場

上からなんだよなあ。

 

「大丈夫ですか」

「気をつけて」

「元気」

「大変」

 

母の鉄板キーワード・・・

 

ネガティブ玉を

娘に投げ続けるのを

忘れない。

 

あなたは「大変」

あなたは「元気じゃないかも」

あなたは「気をつけないと大変な

ことになるよ」

 

もし何かあったらいつでも

母さんを頼ってね、

 

そう言う立場。

 

娘40代、母70代

 

健全な親子は

その立場、逆転してるんだよ。

 

気がつかないのねえ。

 

シングルマザーだから

「大変に決まっている」

海外暮らしなんて

「大変に決まっている」

 

娘は「不幸」だから

私が面倒見てあげないと。

 

そういう力関係を維持したくて

婿を追い出したくせに。

 

母に連絡しないでいて

1ヶ月

私の心はすごく平穏だった。

 

大変なことなんて

かけらもない。

 

コロナもこちらは出てないので

マスクする時間も1日20分ぐらいだし

(バスは必須)

週末普通に遊び場に出かけたり

知人友人と食事したりしてる。

 

夫がいないことは

時々寂しいし、しんどいと思う

こともあるけれど

むしろつくづく自分は本当に

強運な人間だなあ、

何か守護されてるなあ、と

感じて生きている。

 

2018年の4月に妹と絶縁して

2019年のゴールデンウィーク

妹と鉢合わせしないように

前半と後半で分けて実家に帰省した。

 

そんなことをさせる両親に

失望したし

毎年盆正月にもこれを繰り返すなんて

くそしょーもない人生

まっぴらごめんだとさっさと

海外に戻った。

 

そしたらその次の年から

東京に住む妹も海外に住む私も

どちらも帰れない状況になった。

 

夫婦二人で寂しいだろ。

 

去年の10月

私はもう両親が双方元気な間は

この家には戻らないと覚悟を決めて

部屋を片付けて出てきた。

 

絶縁の手紙も書いて

準備は整っている。

 

「もう帰らない」

と心に固く決意したら

 

世界中の人が帰省できない

世界になった。

 

絶縁の手紙を送らなくても

今は誰も帰省できないし

このままもう会わないで

両親がこの世を離れることも

現実的にあり得る状態になった。

 

2012年から2017年の間

私は夫と世界中旅をした。

 

こんな贅沢してていいのかな、

と思ったことも何度もあるけれど

 

まさか世界中旅をすることが

できない世界になるなんて。

 

世界各地の美味しいものを食べたし

素敵なホテルにもたくさん泊まったし

本場のバレエ、サッカーワールドカップ

美しい景色、素敵な人々

飛行機のビジネスクラスの快適さ

 

夫のおかげで、いい思い、経験を

たくさんさせてもらった。

 

サイキックの夫は

もしかしたら世界が変わることを

感じていて

この3次元の美しい地球を

味わい尽くすパートナーに

私を選んでくれたのかもしれない。

 

そんな恵まれた結婚生活を

送っていた私に嫉妬した

魔女が、それをぶち壊したけれど

それでも私はまだ、恵まれている。

 

2019年春に日本を出ることを

決意していなかったら

私もコロナ禍のシングルマザーとして

苦しい思いをしていたかもしれない。

 

家賃が払えなくなって

仕方なく毒母の元に戻っていた

かもしれない。

 

そして毎日ニュースに踊らされて

沈んだ気持ちの日々を送っていたかも

しれない。

 

自分の気持ちに正直でよかった。

思い立ったらすぐ行動するタイプで

救われた。

 

私は恵まれている。

強運だ。

修羅場を乗り越えて

さらにバージョンアップした。

 

今日、5月26日から6月10日まで

宇宙から覚醒を促進する

強力なエネルギーが

降り注ぐらしい。

 

そして今日はスーパーブラッドムーン。

 

昨日の夕方から体がだるくて

眠くて仕方ない。

 

今日は仕事が休みだったので

半日横になっていた。

 

また、バージョンアップする気がする。

 

第四形態くらいになるんじゃない?

 

夫と一緒に見ていた

ドラゴンボールを思い出している。