子の心親知らず

出産後2年で離婚した毒親育ちのシングルマザーが親子のあり方を考察するブログ。

毒親育ちは親からされてきたことを後の人間関係で再現する。新しい対応ができれば1つクリア

www.instagram.com

 

イライラするのは己が生意気なだけ

 

先日、ある人にイライラをぶつけられた。

これを見せてやりたい。

 

ある家族ぐるみでお付き合いしている

友人(と言っても今年往来するようになったばかり)の

男性に仕事関係でお願いしたいことがあり、

意味不明な怒りをぶつけられた。

 

私の大学の学生の希望で

彼にやってもらいたいことがあって

ゴールデンウィークに一緒に遊んだ時に

都合を尋ねた。

 

その時奥さんも一緒にいて

彼は奥さんにも確認し、

 

「水曜午後なら大丈夫」と

言った。

 

なのでそのつもりで

先日、

「6月2日の水曜日午後こちらに

来られますか?」と確認したところ

 

「子どもの習い事の送迎があるので

3時半にはそちらを出ないといけないですが」

 

と返ってきた。

 

この前会って聞いた時には

そんな話はしていなかった。

 

なので私は

「そうなんですか!じゃあいつ大丈夫ですかね?」

と聞いたら

 

「さあ、気が向いた時ですかね」

 

と言うような冗談で返してきたので

 

「学生が楽しみにしてるので真面目に」

「送迎奥さんに頼めないですかね?今学期

1回だけでも。」と言った。

 

そうしたら態度が急変して

喧嘩腰の物言いで返してきた。

 

おそらく、彼にとって

「奥さんに頼む」が禁句だったのかな

とすぐに気づいたが

 

同時に

「ああ、また来た。

夫婦喧嘩を避けるために他人に

矛先剥けるパターン・・・」

とガッカリもした。

 

嫁の尻に敷かれてて頼むなんて

とんでもないなら

はっきり私にもそう言えばいいものを

 

(尻に敷かれてることぐらい

知ってるわ)

 

「学校側の許可は取ってるのか」

「行けないとは言ってない」

 

「あなたの都合が悪いなら院長と私と学生だけでも

大丈夫だ」 

 

とか一に対して100くらいの無礼な言葉で

返してきて

 

「奥さんに頼めないですかね?」と

たった一言で何か地雷を踏んだか知らんけど

嫁でも彼女でもない知り合ってさほど時間も

経ってない関係の他人にそんなトゲのある

メッセージを3度に渡って送ってきたので

 

この人も「逃げ体質」なんだな、と

理解したと同時に

 

私はもうサンドバックにはならないと

決めているので

今回はまあ、子ども同士の付き合いもあるし

相手にしない作戦で行くことにした。

 

つまり、怒りに怒りで返さないと言うことだ。

 

まずは自分の言い分は冷静に整理して

説明する。(イライラ感はマックス抑えて)

 

「この前聞いた時大丈夫だって言ったので

そのつもりで計画してました。」

「学校側の許可を取ってもそちらが来られる日が

ないなら仕方ないですよね」

「私の都合ではなく学生が空いてる時間で聞きました」

 

などを説明。

 

そして

「何でそんなにカリカリしてるんですか?」と

 

相手に己が苛立った文章を送ったことを

自覚させる。

 

本心では

「嫁に頼めないからって他人に怒り

ぶつけてんじゃねーよ!」

と思ってるけど。

 

先のメッセージで

相手からの反撃はなかったが

 

自分がさほど怒るようなことでも

ないことで、実は夫婦の問題が

背後にあることで、

他人に失礼なメッセージを

送ったことにこの人が今後も

気づかないようなら

「ちっせえ男だな」と言う目で

これからも彼を見る。

 

(まあ、とっくに気づいてたけど)

 

私の第一印象の直感は本当神レベルで

いや、きっと人間誰でも本当は直感って

無視してはいけないレベルだと

思うが

 

最初この人に会った時

「なんか心の中に不満溜め込んでそうで

変に競争心があって嫌な感じだな」と

感じたのだった。

 

素直じゃない印象。

卑屈な印象があった。

立場が強い人と密会をしたがる傾向があり

学生のことはちょっと馬鹿にしていたり。

 

だけど色々事情があって

家族ぐるみで遊びに行く仲になり

子ども同士の年齢が近くて女の子同士で

子どもたちはとても嬉しそうなので

 

そんな悪い人じゃないかもな、と

思うようになっていた。

 

でもやっぱりね、

ちょっと気を許したらこれだもん。

 

本性出たよねって。

 

私には「言っても大丈夫」と

思ったんだろうけど

ある時は「ウラ番長」

またある時は「毒舌のゆるキャラ」と言われた

おっとりした外見から想像できない

切れ味の思考を持つ女、

 

夫婦喧嘩を避けるために

スケープゴートにされてた

覚醒した毒親育ち、

 

精神錯乱して暴れる夫から

赤ん坊抱えてホテルまで逃げた

修羅場経験済みの40女

 

なめんじゃねえ!

 

家事を一切しない嫁に

文句の一つも言えねえ

嫁のそばにいたいだけで

一人じゃ海外暮らしなんて

できねえ

腰巾着野郎が!

 

(すみません、毒舌が・・・

ドラゴン桜」の喋り方に影響されてます)

 

これは冗談として

 

実際

彼は博士号の勉強をしている

優秀な嫁のために

自分が仕事をやめ、家事育児を担当

嫁の都合で住む場所も変え

その嫁は料理を一切しないので

(私たちが泊まった時も朝食さえない)

毎日外食か出前。

 

近所には嫁の両親が暮らしていて

毎日電話がかかってくるし

頻繁に孫を連れて行かないといけない。

 

日本男児として

ここまで妻が優先されている

夫婦関係、

不満がないわけない。

 

そういう部分に蓋をして

赤の他人に怒りをぶつける

理不尽・・・

 

毒親育ちは完全解毒までの過程で

親からされてきたことを

別の人間関係上で

再現するもの。

 

その時そのことに気付き

それまでとは違った反応

対応を取ることで

親の支配から抜け出し

本来の自分の尊厳を取り戻すことができる。

 

まだ、こんな人間関係があったということは

私がまだ完全解毒できてない証拠。

 

そしてここまでの学びと気付きによって

頭では理解しているつもりのことを

実際に行動に移せるかを天から

試されている。

 

こうなればもうゲームだ。

人生はゲームだし。

 

また来たなこのキャラ!

同じ手には乗らないぞ!

 

飛んできたブーメランは

刃を磨いて投げ返してあげるわ!