子の心親知らず

出産後2年で離婚した毒親育ちのシングルマザーが親子のあり方を考察するブログ。

人生・この世界のこと

緊急事態に試される家族の絆と人間の本性

www3.nhk.or.jp 外出自粛や在宅勤務で夫が家にいるようになったら 家族が暴力を振るわれるようになった。 こんな声が押し寄せているそうだ。 誰もが初めて経験している地球規模の緊急事態。 いろいろな不安が渦巻いてストレスが溜まっている人も 多いだろう…

日本政府と毒親は同じ

最近のコロナ騒動で人々は 政府の発言に振り回され、またその英断を 心待ちにしている。 中途半端な対策に 生殺し状態の日本国民。 出ようか出まいか 閉めようか閉めまいか 政府はいまだに”緊急事態宣言を出す段階ではない” と渋っているが、実際は水面下で…

近づいてはいけない神経症の人の見極め方

私の母親は診断はされていないが、不安神経症だと思う。 元夫は、統合失調症だった。 これまでの経験、観察から一緒にいると 平和な日常を送れないタイプの神経症の人の特徴がわかってきた。 特徴1:不眠 人間は何か心配なことや未完成で気になっていること…

嘘をついたら、負け。

いよいよ全人類の危機になってきました。 地球上の全人類が一丸となって 未知のウイルスと戦わなければならない この時。 家族間の問題の優先順位も 必然的に下がる。 今私の(他の多くの人も同じだと思う) 最大の関心事はウイルスとの戦争。 だけど実家に…

非常事態宣言で幕開けの2020年 いよいよ人類の淘汰が始まった?

note.com golden-tamatama.com 私たちはどうやって子供たちを守ればいいのか? 少なくとも、テレビの報道だけをみて知ったつもりになるのは いい加減やめよう。 私はテレビだけでなく、あらゆる情報源から今回の コロナウイルスについても情報を収集している…

嫌味や棘のある言葉を吐く人の怒りの正体

引っ越してきてから知り合った同業種の人がいる。 彼は初対面でいきなり共通の知り合いの(と言ってもわたしは 知り合ったばかり)人の悪口を言ってきた。 最初は謙虚な感じにも見えたが単に卑屈な人なんだと 話して10分で分かった。 何度か話すうちにわたし…

家族を大切にできなかった男の孤独な老後

2020年、あけましておめでとうございます。 あまり更新しないブログを読んでいただき ありがとうございます。 今年もゆるりと気分任せで更新して参ります。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 今日は孤独な男の老後のお話。 新しい…

ワクチンの真実を知ろう〜効果がないどころか有害!〜

私は元夫が精神病だったことから 医学のことも勉強してきた。 そして調べて知って悩んで迷って 結局、娘にはワクチンを1本を打ってもいない。 結果、もうすぐ4歳になる娘は非常に健康優良、 こども園で感染症が流行しても鼻水と咳だけで ウイルス撃退。発…

「3年A組〜今から皆さんは人質です〜」物事の表面ではなく本質をみろ!

今更だけど 「3年A組〜今から皆さんは人質です〜」を HULUでみて、想像以上におもしろかった。 予告で主演の菅田将暉をみて 別れる前の変貌した元夫にあまりにそっくり だったから、フラッシュバックしそうで オンタイムでは見ることができなかった。 狂った…

国に命を預けてはいけない

今日の「報道特集」は2つトピックがあったが どちらも 「国に命を預けるな!自分や家族の命は自分で守れ!」 ということだった。 土曜夕方の「報道特集」という番組は 結構突っ込んでくれるので好きで時間が合えば 見ている。 私は予防接種の記事で 子ども…

顔が見えない相手にも礼節を持って接することが人生をよくする

コールセンターの仕事をしていると 時には理不尽な怒りをぶつけられることがある。 そして、派遣の1オペレーターに異常な怒りを ぶつけてくる人は、決まって中高年の男性。 電話代かかってるんだろ。サービス悪いな。 一方的に費用がかかるとか言いやがって …

子どもを信じる育児:予防接種について親として勉強しましたか?

心の病に薬はいらない! 私はこの本を読んだ。 元夫が統合失調症だったから。 実際に精神科に付き添って行ったこともあるし 元夫が薬を飲んでどうなるか その薬は一体どんな作用があるのか この目でみて、感じて 調べて、考えてきた。 精神科の医師は、 私自…

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ オットー・フォン・ビスマルク 娘を両親の家にお泊まりさせているので のんびり家で映画をみた。 「本能寺ホテル」 なんとなく選んだけど 結構おもしろかった。 冒頭に出てきたこの名言。 真っ先に浮かんだのは今の高齢…

引きこもりの子供を救える親になろう

子供が犠牲になる事件や事故が目に付く。 ただでさえ少子化の最中、年寄りや心の壊れた大人に 殺されてしまうせっかく生まれてきた幼い子供たち・・・。 私が小さい子を育てている親だからこうした事件事故が 特に心が痛くて目に付くのか、 それとも本当に最…

時間の概念が違うことから来る親の苛立ちと子どもの分離不安。

今朝、出かける前に娘が遊んで なかなか言った通りに準備しないので ちょっときつく叱ってしまった。 まあ、時々やるんだけど。 「お着替えしようか。」 3分経過(娘は裸で跳ねて遊んでいる) 「はい、これ着て。」 3分経過 「着替えて」 3分経過 「服着てっ…

女は出産したらふりだしに戻る?

女は出産したらふりだしに戻る。 こんな言葉を聞いたことがある。 まずキャリアはリセットされる。 私は、東南アジアのリゾート地で 妊娠した。 そのままそこで出産して、子育てをしていくのか。 それとも他の国に移るのか、夫と相談していた。 日本で子育て…

心の平安を取り戻すのに特定の宗教は必要なのか問題。

「宗教の役割」なんてことを語れるほど 知識も信仰も深くないけれど 今日はこのテーマで。 友達になりたいな、と思って近づいた人が 実はある宗教の信者で勧誘されてしまった、という 経験がある人も多いのではないだろうか。 私は、ある。 一度は会社の同僚…

三流の親は子供に現金を渡す、一流の親は子供に資産を生む仕組みを渡す

今日は用事があって電車に乗った。 するとこんな本の広告が貼ってあった。 資産家女子高生育成プロジェクト キャッチコピーは 三流の親は子供に現金を渡す 一流の親は子供に資産を生む仕組みを渡す 本当にそうだ!! その通り!!! 「金持ち父さん貧乏父さ…

全ては戦争の後遺症なんだ。

今月、終戦記念日でもないのに 戦時中のスペシャルドラマが2本ありました。 「二つの祖国」 「僕が笑うと」 戦時中のドラマを見ると 戦争って戦争を知らない私たちが想像も できないほど 深く深〜く 心を傷つけるんだなあ、と しみじみ思う。 特に、敗戦国…

死ぬほど追い詰められる前に専門家に相談してほしい

また痛ましい事件が起きましたね。 news.livedoor.com このお母さん、すごくやつれている。 警察に拘留されたら、餓死してしまわないか心配なくらい。 こんなにやつれるまで、悩んで苦しんで 追い詰められて とうとう我が子を手にかけてしまった。 なんて、…

結婚はコミュケーション力を高める最高のチャンス

既婚者と独身者とで コミュニケーション力が違うなあ、と感じたことは ありませんか? 私は、あります! 自分が独身だった30歳ごろ、 仕事関係の複数の男性と食事に行った。 年齢は20代から40代で 既婚者もいれば独身者もいた。 焼肉だったから気遣いや…

離婚後の共同親権検討に対するシングルマザーの思い

昨日の夕方のニュースで、 「離婚後子供に会えない親たち・・・単独親権制度の問題を考える」みたいな特集を やっていた。 「子供に会えない。これは不当だ!」とテレビの取材に応じていた人は全員男性だった。 父親になれなかった父親たち。 1人は養育費毎…

「誰も悪くないんだけどね」という言葉

半年ほど前に潜在意識を癒すワークを一緒にやるので 知り合った人に 親や離婚で傷ついた話をしたら 「誰も悪くないんだけどね」 と言われた。 誰かを責めずには立っていられなかった 私には、その言葉はなんだか 人を責めている心を責められたような気がして…

夫婦円満の秘訣:夫婦で共有する時間は生活の4割までに抑えること。

ハリウッドセレブが頼るアメリカ在住のマスターヒーラーDr.小林健の本を読んだ。 愛がすべてを癒す —地球でいちばんシンプルな 幸せの法則— (veggy Books) 教えて!ケン先生! という質問形式になっているのだが 夫婦関係を維持するのに必要なことが書いてあ…

親の言うことは聞いてはいけないがよその大人の言うことには耳を傾けよう

フロムは 「人間の歴史は不服従によって始まった」という。 実は、人間の成長は親への不服従によって始まる。 それが自我の確立のスタートである。 母親との原始的なつながりを断つことから始まる。 そこから独立と自由へスタートする。 人生を後悔すること…

現実から目を背ける人は最後は地獄。

またまた加藤先生の本。 人生を後悔することになる人・ならない人 パラダイムシフトの心理学 子どもはいらないと思っていたのに 夫に望まれて子どもを産んで そしたら心が未熟すぎた夫が父親になれなくて 勝手に抗精神病薬をやめて睡眠薬過多になって ものを…

休む時に罪悪感を持たないこと

年末に宣言した通り、 1月は休むと決めた。 ジタバタしない。 セルフケアのために時間とお金を使う。 9月に肩こりがひどくなってどうしてもしんどくて温泉に行った日 その日に限って娘が保育園で熱を出し、 私が園からの電話に一回で出なかったために 母に…

2018年の最後に「元夫からの連絡」という形で本気で切れるかどうかのお試しがやってきた。

もしも自分がしんどい時だけ言い寄ってきたら 最高の冷たさで追い払おう、という記事を昨日書いたら すぐにそれを試すようなことが来た!! 思考の現実化が早すぎる! おととい正月休暇で実家に戻ったら、 元夫からメールと宅急便が・・・。 連絡が来たのは…

自分に休むことを許可する

もう限界だった。 「休みたい・止まりたい・充電したい」 この思いは何なのか。 年末ということでタロットリーディングと 西洋占星術の占い師にみてもらったら こっちが言うより前に 2人とも「今休みなさいって出てます」って!! ぼーっとする。 作業はやめ…

家族からの謝罪を渇望していたら赤の他人から謝罪してもらう事態になった話。

愛用していた腕時計を落として壊し新しく買った腕時計を銭湯のロッカーに忘れる。 下手な歯医者に当たって変な詰め方され4件歯医者を巡る。 新規で行った美容院で小顔カットを勧められてやってもらったら逆に髪が広がって大顔になる。 外に出たら雨が降って…