子の心親知らず

出産後2年で離婚した毒親育ちのシングルマザーが親子のあり方を考察するブログ。

過干渉毒親の実態:相手が求めているかは関係なく、ただよく気がつく人間だと思われたい

過干渉毒親は何につけても 「自分はよくしてあげている」 「自分はよく気がつく」 と周囲から見えることだけをやる。 たとえば、車のドアを”開けてあげる” これは本当に私はよくやられて 危険な目にもあったし、とにかく不愉快。 子どもと一緒に後部座席に座…

お互いの軌道修正ができるのが人生のパートナー

韓国ドラマ「結婚契約」 見終わった。 前半涙なしでは見られない 重くて悲しい物語だったけど 最後は明るく軽く終わった。 シングルマザーにとっては 再婚で幸せになる希望がもてる物語。 韓国の役者さんって半端ない。 演技力が高すぎてもはや現実にしか 見…

親子の対立は100%子ども側が悪いと考えている毒親

家庭内殺人事件のニュースを見たときの 毒親の反応が残念すぎる。 今回も86歳の祖父が高校生の孫を殺害する と言う信じがたい事件が報道されていたが それを見たときの父の言葉。 「どうしても刺さないとあかん理由でも あったんやろなあ。」 え!!!???…

早すぎる別れには惜しみが残る。遅すぎる別れには憎しみが残る。

タイトルはドラマ「最高の離婚」 の名言の一つです。 久しぶりに買った雑誌「VERY」の クリス・ウェブ佳子さんの連載にあった。 やっぱりドラマの脚本家ってすごいですね。 登場人物のセリフの中に多くの人がはっとしたり 激しく同意したりする名言が散りば…

親が仕事などで自己実現することに夢中になると失うもの

これはわたしの後悔からの分析です。 わたしは出産直後、夫が仕事をしていないことが 急に不安になり 当時資産家の夫の両親からの仕送りとカードで 十二分に贅沢な暮らしができていたにも関わらず 今は大丈夫でも両親ももう歳だし いつ切られるかわからない…

シングルマザーはものすごく心細い。

娘が保育園に通い始めて、 急に時間ができてしまった。 実家に帰ってきて鎖国によって足止め されてから7ヶ月間。 父か母のどちらかが家にいる時は 午前中仕事をして、昼休みはランチが終わるや否や 2時間子どもと遊んだ。 両親は歳もとっているし、わたしが…

わたしが海外で自立した生活を送ることが許せない執着母の本音語録

わたしを自立させたくない執着母の 身の毛もよだつ本音語録。 1.夫と別居していた時 必死に辛い気持ちを訴えていたわたしに 言った一言 「あんたを○○に行かせたんが 失敗やったわ」 ○○=夫とわたしが出会った場所(海外) ちなみに出会ったのはわたしが33歳…

子どもに絶縁される親の言動

dot.asahi.com 偶然こんな記事を見つけた。 24歳の娘さんは、出産後自分の出番だと しゃしゃり出ようとしてきた毒母に 「おまえのせいで家庭が壊れた」 と一言LINEで告げた後、連絡が取れなくなった。 娘が返事をくれないからと 婿にもLINEや手紙を送ったり …

子どもに亡くなった父親の話をするべきかどうか

『突然ですが占ってもいいですか?』 大好きで毎週欠かさず観ている。 本当に人生いろいろで、 地球って魂の修行の場なんだなあ、と 思う。 今日の最後の 結婚して1年で夫が他界された方 私はもちろん泣いたけれど、当のご本人はとても すっきりと吹っ切れた…

離婚後に亡くなった元夫の初盆

お盆が来た。 本来日本で迎えるはずのなかった 2020年のお盆が。 授業資料で日本のお盆について 調べていて、授業とは関係ないけど 気になって調べても どうにも出てこない答えがあった。 ”離婚後に亡くなった元夫の初盆は どうするの?” 「離婚後 元夫死亡 …

私の家には優秀な家政婦はいたが母親はいなかった。

里帰り出産で実家滞在時に 実の母が精神疾患を持っている夫を いじめて邪魔者にする。 それが原因で夫の精神疾患が悪化し 家中のものを投げて暴れ、ギャンブルと爆買いで お金を使いまくり、平穏な育児とは程遠い 状況に追い込まれる。 死ぬやら殺すやらの修…

ノーユーモア・ノーライフ 

こんな時こそ、笑いを。 人生にユーモアは欠かせない。 笑いは免疫力をあげる。 ユーモアのある人は本当に賢い人。 吉本の宣伝文句ではないけど、 私はそう思う。 ユーモアは心を軽くする。 人を楽しませようとする気持ちは愛だ。 小さな頃から、こう感じて…

他人に嫉妬し批判的になる人は自分に許可を与えていないだけの人

団塊世代の両親はメディアは真実だけを話していると 信じている。 テレビのニュース、情報番組、新聞。 大手検索サイトのニュース 毎日朝から晩までこれらの媒体から 流される情報を、1ミリも疑うことなく そのまま鵜呑みにし、信じて恐れと不安に 飲み込ま…

遺伝子組み換え人間を造るDNAワクチンー米国女性医師が語る

今回の記事は ワクチン問題 - 米国女性内科医が語る (07/27) | Michi & Mirai World からのリブログになります。 ワクチン問題 - 米国女性内科医が語る2020年7月27日私は、内科医、オステオパシー(人間の自然治癒力を最大限に活かした医学)のライセンスを持…

親には復讐ではなく、倍返しの恩返しです!

『半沢直樹』始まりましたね。 大好きです。 ほとんど顔芸(笑) 歌舞伎役者さんの顔芸って本当すごい!!! 今作では新しい名言 「恩返し」が出ました! そして私も改めて決意しました。 2020年中に 親に倍返しの恩返しを完了する それは今年電話占いで占い…

毒親との決別:「もうあなたは必要ない」と1つずづ拒絶していく

すぐに家を出ることができない状況下で 毒親の毒を抜いていきたければ できることから1つずつ拒絶していくことだ。 私は1週間ほど前に 「もう母の作った料理はなるべく食べない」 と決めた。 夕飯におかずはいらない、と 母に伝えて以降 夕飯を作る時の母の…

コロナパンデミックの計画書

ameblo.jp キタ〜〜〜!!! ヤバイ。 これはみんなで拡散して ロボットにされないようにしましょう! 新型コロナウイルスは作られたもの。 パンデミックはシナリオ通りに進んでいる。 目的は、人類をロボットのように 管理するマイクロチップを混入した ワ…

毒親の実態:自分の思いと違うことは事実であっても全否定する。

2日続けて母に関して不愉快なやり取りが あった。 1つは、駅に迎えに来てもらう時の 場所の説明が通じなくて 何十回も同じ場所に来てるのに 母の思い込みで話がおかしくなって すれ違ってイラついた。 もう1つは、 私と娘が寝ている客間に置いていた 電池式…

さよならも言わないままで

ついさっきの「音楽の日2020」 MISIAの 「さよならも言わないままで」 「逢いたくて今」 響いたなあ。 私は元夫に、本当に さよならも言わないままで ありがとうも言えないままで 永遠にさよならしてしまったから。 離婚した夫なら それは珍しいことではない…

家族を諦めたくない

母と娘と3人で出かけると、いつも 思ってしまう。 どうして、母なんだ? どうして、夫じゃない? 子どものパパじゃない? 周りの家族を見る。 パパ、ママ、子ども。 私がその”当たり前”の 家族構成で街を歩いていたのは 本当に短い間だった。 1歳2ヶ月になる…

台所から聞こえる母の鼻歌に隠された支配欲

母は最近夕飯を作っているときによく鼻歌を歌っている。 歌とも言えない、ただフンフンと楽しそうに 言っているだけの。 私はそれを聞くと殺意を覚える。 母がなぜそんなに嬉しいのか、 よく知っているからだ。 私の結婚が破綻して、 母が望んだ通りに娘と孫…

育児に男はいらないかもしれないが育児する女には男が必要だ。

私の母は私が出産後退院して最初の沐浴の時、手伝おうとした夫に 「あんたはいらん!」と言って 浴室のドアをびしゃんと閉めた。 私はあの時の母の形相を忘れることができない。 そしてあの出来事が、新米パパにになろうとしていた夫の心を、どれほど深く傷…

アセンションへの道:不要なものを削ぎ落とす

愛と調和の地球へ移行するために 必要なこと。 1、不要なものを削ぎ落とす 実は今のコロナ騒動は本当の自分の望みに 気付くチャンスだ。 やりたくないのにやっていたこと。 いたくないのにいた場所。 今の自分にいらないもの。 息苦しい人間関係。 自分には…

私には悲しすぎる場所

里帰り出産の時に半年間、 夫と住んでいたマンスリーアパートのある場所。 実家に帰ると、その近くのショッピングモールに よく行く。 今日はそこの近くの西松屋に母と娘と3人で 行った。 住んでいたアパートの前の道を通った。 その通りは、妊娠中に夫と2…

毒親に少しでも反省させる方法

毒親との決別と言えば 完全に干渉されない距離を取って 自立した人生を送る、ことが最大の目的だと思う。 親のことを考える時間を極力減らす、ほぼゼロにする、 ことも。 もしもまだ人生をめちゃくちゃにされていない段階なら 大切な人を奪われていない段階…

免疫はワクチンで阻害される

内海聡の『今こそ聞いて欲しい免疫の基礎①』 (重要な部分)抗体=免疫ではなくて、抗体は免疫の一部であり(超しょぼい分野)、免疫は色んな仕組みの重症防御である。薬やワクチンを売るために抗体=免疫という嘘が流布されている。免疫で大切なのは、マク…

過干渉毒親の3つのタイプ

過干渉毒親には3つのタイプがある。 1つは、子育てを自分の生きがいにして しまっているため、子供が成長しても 手放せないタイプ。 2つ目は、先回りや心配をする以外に 愛し方を知らないタイプ。 3つ目は、子どもが自分の知らない世界へ行って 自分より有能…

2020年必要なことは選択を変えて、行動すること。

2020年という地球の歴史上もっとも 重要な年に、光の世界へ進むために 必要なこと。 選択を変える。行動する。 選択は投票である。 例えば、ものを買うときの選択。 より地球と体に優しいものを購入する。 有機野菜。 麻の衣服。 オーガニックの化粧品。 漢…

祖父母の家に滞在していることで娘が受けた悪影響

まだ外国人の入国許可しないから 海外の家に戻れない。 実家にいるのも、本当にもう限界。 この4ヶ月で、娘はどれほど悪影響を 受けたことだろう。 癇癪を起こすようになった。 気に入らないことがあるとダダンダンになって おもちゃをうわ〜と崩したり、全…

自作自演する毒親〜自ら子どもの不幸を作り、助ける役を演じる〜

アメリカと中国が何かと話題の昨今。 アメリカは戦争やテロを自作自演することで 正義のヒーローの役柄をキープしてきた。 自ら争いに誘導し、 人々が不幸になったところで 助け舟を出し、争いを収め、 正義のヒーローだー!と思わせる。 でももうそんな茶番…