子の心親知らず

出産後2年で離婚した毒親育ちのシングルマザーが親子のあり方を考察するブログ。

過干渉毒母は母子分離ができていない人

自分の親を色眼鏡を外して客観的に見られるように なってから改めて感じたことの1つ。 過干渉タイプの毒母は子供が成人したことを 受け入れていない。 母子分離ができていないのだということ。 まだ自分と臍の緒がつながっている感覚を 抱き、せいぜいなんで…

2020年、毒家族と絶縁する決意を固めた

2020年。 地球人全員にとっておそらく史上最大の転換期 試練の時なんだろうけど 私にとって、本当にそうだ。 なんでも一回離れてみると本当の自分の気持ちが わかると言うけど 不本意ながら実家に長居させられていた 憎しみと苦しみの10ヶ月を経て 離れて1ヶ…

まだ母の念を感じるけど、もう絶対に戻ってはいけないと確信した夢

私の人生史上最大の強い決意を密かに抱えて 実家を出てからまもなく1ヶ月。 こっちの生活を取り戻すのに必死で親のことをほぼ忘れていた。 だけど恋愛ドラマを観て元夫のことを 思い出すと同時に 娘が懸命に築き上げてきたものを 無表情でぶっ壊した母のこと…

出産、離婚、死別を経験した女が恋愛ドラマを観て思うこと

中国の家に戻って明日で2週間。 コロナ禍での海外入国は普段の5倍のお金を 使い、3倍疲弊しました。 久しぶりに環境に慣れるまでバタバタして 疲れが取れず、ようやく落ち着いてきたかな、 というところでやっとブログを書く元気が出てきました。 面倒なこと…

一方的な様子伺いのメッセージを送ってくるのは過干渉毒親の習性の一つ

実家を出て10日。 10ヶ月もいたので急にいなくなったら それは寂しいでしょう。 先週末には娘もじいじばあばとバイバイして 寂しい、と言ったのでビデオ通話してあげた。 母の嘘くさい大声を聞くとやっぱり私は 具合が悪くなった。 大きな声で名前を連呼し、…

離婚と毒親育ちであることへの気付きによって起きたセルフイメージの変化

日本出国したため、更新が空いてしまいました。 出発が決まってから今までにない手続きなどが 多くて(PCR検査とか諸々への連絡とか) お金も普段の5倍くらいかかったし 一時帰国から戻るというより引越しみたいに 荷物が増えていたのでその処分などにも 追…

Kindle書籍再配信のお知らせ

里帰り出産をしてはいけない 2017年4月にKindleで書籍を出版したのですが、 当時夫にそれについてあれこれ言われて面倒になったので すぐに配信停止をお願いしておりました。 もう夫に何か言われることもないので 再配信をさせていただきました。 年間40万人…

過干渉毒親がもっとも恐れていることは「もうあなたは必要ない」と言われること

先日、母と一緒に娘を保育園に迎えに行った帰り、 車の中でどこのスーパーが好きか、という話になって 娘と私の意見は一致。 母は別のスーパーが好きなので 娘が「ばあばは〜スーパー〇〇で降りて〜、 ママとりんごは〇〇に行こっか。」 と言い出した。 そこ…

毒親家族に3人まとめて1000倍返しだ!!!

ドラマ「半沢直樹」終わってしまいました。 私も半沢ロスの一人。 今回のこのドラマは現在の社会情勢とぴったりマッチして モヤモヤを抱えたままストレス過多時代を生きている人々のストレスを軽減してくれたことでしょう。 いち銀行員が国家権力にやり返す…

守るべきは高齢者ではなく、子どもと若者。

若者から高齢者への感染を防ぎたいと本気で思うのなら「社会を分割」すればいい。 「若者たちの社会」と「高齢者たちの社会」に。 なぜなら、社会の維持と構築には少しでも多くの「健全な若者たち」が必要だからです。 日本を含めて、今のように若い人たちの…

産後うつがコロナで増加している可能性。

今日入ってきた竹内結子さんの自殺報道。 美男美女で若い芸能人の方のコロナ禍での自死が続きますね・・・。 竹内結子自殺の原因は産後うつ?幼い子供の残しなぜ自死を選んだ? | sukima 今年の1月に出産されたばかりだったと。 ただでさえ不安で孤独で情緒…

波動の違う人は”見捨てる”時代。

Youtubeでこんなタイトルをみた。↑ 動画は見ていないけど。 コロナきっかけで人それぞれの波動の違いが 明確になった。 とりあえずマスクしてる人。 疑問を抱いて可能な限りマスク外してる人。 一カ国のテレビの報道をまんま信じている人。 テレビの嘘に気づ…

大切な人を失わないために必要な3つのこと

元夫がこの世からいなくなってしまったことを知った今年。 折しも自粛や鎖国で家でじっとしている時間が多く、嫌でもいろいろ考えてしまう。 実家の私の部屋には元夫が買った本が たくさん残されている。 里帰り出産の時に持ち帰ってきたもので 一部は別居後…

過干渉毒親の実態:相手が求めているかは関係なく、ただよく気がつく人間だと思われたい

過干渉毒親は何につけても 「自分はよくしてあげている」 「自分はよく気がつく」 と周囲から見えることだけをやる。 たとえば、車のドアを”開けてあげる” これは本当に私はよくやられて 危険な目にもあったし、とにかく不愉快。 子どもと一緒に後部座席に座…

お互いの軌道修正ができるのが人生のパートナー

韓国ドラマ「結婚契約」 見終わった。 前半涙なしでは見られない 重くて悲しい物語だったけど 最後は明るく軽く終わった。 シングルマザーにとっては 再婚で幸せになる希望がもてる物語。 韓国の役者さんって半端ない。 演技力が高すぎてもはや現実にしか 見…

親子の対立は100%子ども側が悪いと考えている毒親

家庭内殺人事件のニュースを見たときの 毒親の反応が残念すぎる。 今回も86歳の祖父が高校生の孫を殺害する と言う信じがたい事件が報道されていたが それを見たときの父の言葉。 「どうしても刺さないとあかん理由でも あったんやろなあ。」 え!!!???…

早すぎる別れには惜しみが残る。遅すぎる別れには憎しみが残る。

タイトルはドラマ「最高の離婚」 の名言の一つです。 久しぶりに買った雑誌「VERY」の クリス・ウェブ佳子さんの連載にあった。 やっぱりドラマの脚本家ってすごいですね。 登場人物のセリフの中に多くの人がはっとしたり 激しく同意したりする名言が散りば…

親が仕事などで自己実現することに夢中になると失うもの

これはわたしの後悔からの分析です。 わたしは出産直後、夫が仕事をしていないことが 急に不安になり 当時資産家の夫の両親からの仕送りとカードで 十二分に贅沢な暮らしができていたにも関わらず 今は大丈夫でも両親ももう歳だし いつ切られるかわからない…

シングルマザーはものすごく心細い。

娘が保育園に通い始めて、 急に時間ができてしまった。 実家に帰ってきて鎖国によって足止め されてから7ヶ月間。 父か母のどちらかが家にいる時は 午前中仕事をして、昼休みはランチが終わるや否や 2時間子どもと遊んだ。 両親は歳もとっているし、わたしが…

わたしが海外で自立した生活を送ることが許せない執着母の本音語録

わたしを自立させたくない執着母の 身の毛もよだつ本音語録。 1.夫と別居していた時 必死に辛い気持ちを訴えていたわたしに 言った一言 「あんたを○○に行かせたんが 失敗やったわ」 ○○=夫とわたしが出会った場所(海外) ちなみに出会ったのはわたしが33歳…

子どもに絶縁される親の言動

dot.asahi.com 偶然こんな記事を見つけた。 24歳の娘さんは、出産後自分の出番だと しゃしゃり出ようとしてきた毒母に 「おまえのせいで家庭が壊れた」 と一言LINEで告げた後、連絡が取れなくなった。 娘が返事をくれないからと 婿にもLINEや手紙を送ったり …

子どもに亡くなった父親の話をするべきかどうか

『突然ですが占ってもいいですか?』 大好きで毎週欠かさず観ている。 本当に人生いろいろで、 地球って魂の修行の場なんだなあ、と 思う。 今日の最後の 結婚して1年で夫が他界された方 私はもちろん泣いたけれど、当のご本人はとても すっきりと吹っ切れた…

離婚後に亡くなった元夫の初盆

お盆が来た。 本来日本で迎えるはずのなかった 2020年のお盆が。 授業資料で日本のお盆について 調べていて、授業とは関係ないけど 気になって調べても どうにも出てこない答えがあった。 ”離婚後に亡くなった元夫の初盆は どうするの?” 「離婚後 元夫死亡 …

私の家には優秀な家政婦はいたが母親はいなかった。

里帰り出産で実家滞在時に 実の母が精神疾患を持っている夫を いじめて邪魔者にする。 それが原因で夫の精神疾患が悪化し 家中のものを投げて暴れ、ギャンブルと爆買いで お金を使いまくり、平穏な育児とは程遠い 状況に追い込まれる。 死ぬやら殺すやらの修…

ノーユーモア・ノーライフ 

こんな時こそ、笑いを。 人生にユーモアは欠かせない。 笑いは免疫力をあげる。 ユーモアのある人は本当に賢い人。 吉本の宣伝文句ではないけど、 私はそう思う。 ユーモアは心を軽くする。 人を楽しませようとする気持ちは愛だ。 小さな頃から、こう感じて…

他人に嫉妬し批判的になる人は自分に許可を与えていないだけの人

団塊世代の両親はメディアは真実だけを話していると 信じている。 テレビのニュース、情報番組、新聞。 大手検索サイトのニュース 毎日朝から晩までこれらの媒体から 流される情報を、1ミリも疑うことなく そのまま鵜呑みにし、信じて恐れと不安に 飲み込ま…

遺伝子組み換え人間を造るDNAワクチンー米国女性医師が語る

今回の記事は ワクチン問題 - 米国女性内科医が語る (07/27) | Michi & Mirai World からのリブログになります。 ワクチン問題 - 米国女性内科医が語る2020年7月27日私は、内科医、オステオパシー(人間の自然治癒力を最大限に活かした医学)のライセンスを持…

親には復讐ではなく、倍返しの恩返しです!

『半沢直樹』始まりましたね。 大好きです。 ほとんど顔芸(笑) 歌舞伎役者さんの顔芸って本当すごい!!! 今作では新しい名言 「恩返し」が出ました! そして私も改めて決意しました。 2020年中に 親に倍返しの恩返しを完了する それは今年電話占いで占い…

毒親との決別:「もうあなたは必要ない」と1つずづ拒絶していく

すぐに家を出ることができない状況下で 毒親の毒を抜いていきたければ できることから1つずつ拒絶していくことだ。 私は1週間ほど前に 「もう母の作った料理はなるべく食べない」 と決めた。 夕飯におかずはいらない、と 母に伝えて以降 夕飯を作る時の母の…

コロナパンデミックの計画書

ameblo.jp キタ〜〜〜!!! ヤバイ。 これはみんなで拡散して ロボットにされないようにしましょう! 新型コロナウイルスは作られたもの。 パンデミックはシナリオ通りに進んでいる。 目的は、人類をロボットのように 管理するマイクロチップを混入した ワ…