子の心親知らず

出産後2年で離婚した毒親育ちのシングルマザーが親子のあり方を考察するブログ。

夫のこと

夫と復縁した夢

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 私たちは空港の待合室の椅子に 並んで座っていた。 夫の隣には5歳の娘がパパの膝に 頭をのせてスヤスヤ眠っている。 わたしは夫の腕に腕を絡めて 彼の肩にもたれかかりながら 彼に聞いた。 「ねえ、今はもう海外旅行…

人の役に立って感謝される人間に育てるのが親の責務

先月、ある中国ドラマを見ていた。 二人の姉を持つ末っ子の男の子は 男尊女卑思想のある父親に甘やかされて 育ち、26になっても仕事をせず、親元で 甘えて暮らしていた。 高校時代から付き合っている彼女と 結婚を決めたが、中国ではまず家と車と 金のない男…

子どもに亡くなった父親の話をするべきかどうか

『突然ですが占ってもいいですか?』 大好きで毎週欠かさず観ている。 本当に人生いろいろで、 地球って魂の修行の場なんだなあ、と 思う。 今日の最後の 結婚して1年で夫が他界された方 私はもちろん泣いたけれど、当のご本人はとても すっきりと吹っ切れた…

離婚後に亡くなった元夫の初盆

お盆が来た。 本来日本で迎えるはずのなかった 2020年のお盆が。 授業資料で日本のお盆について 調べていて、授業とは関係ないけど 気になって調べても どうにも出てこない答えがあった。 ”離婚後に亡くなった元夫の初盆は どうするの?” 「離婚後 元夫死亡 …

さよならも言わないままで

ついさっきの「音楽の日2020」 MISIAの 「さよならも言わないままで」 「逢いたくて今」 響いたなあ。 私は元夫に、本当に さよならも言わないままで ありがとうも言えないままで 永遠にさよならしてしまったから。 離婚した夫なら それは珍しいことではない…

『精神病は病気ではない』という本を読んで一瞬望みを持った話

夫とのメールでの話し合いも平行線で もう離婚しか仕方ない・・・。 そう思って落ち込んでいたある日 朝刊の書籍紹介欄である本が目にとまりました。 精神病は病気ではない - 精神科医が見放した患者が完治している驚異の記録 私たちが離婚するのは夫が統合…

人の悩み相談を受け癒すお仕事の能力者の方々にも見放された夫の言動

やっと、長典男氏に、離婚のことを相談した。 やっと、というのは 私は3月の別居以降、おそらく20人くらいのヒーラー、カウンセラー、 占い師、能力者の方々に夫婦のことを相談してきた。 だけど長先生には、思うところありなかなか相談する気になれずにい…

アスペルガーの仕事

アスペルガーのような発達障害は、先天性であり、 最近の研究で分かってきたことは、 胎児の前頭葉が作られる妊娠2,3ヶ月頃の母体の重金属や環境ホルモンによる 汚染が原因ではないか、ということだそうだ。 先天性なのだから幼児のときからその特徴は表に…

マインドフルネス 「今・ここ」に意識を集中することで楽になる

私と離れている間、夫は南の島にリトリートに行ったり、フェイスブックの知り合いに会いに行ったり、いろいろしていたようだ。 彼があるインドネシア人に自分の状況を話したら言われたこと。 「チャンプルは墓場作るだけ」 インドネシアには、ナシチャンプル…

長典男氏のスカイプセッション サイキック(能力者)の苦しみ

夫は能力者の先生方から、 「あなたは精神の病気ではなく、サイキック(能力者)です。」 と言われたわけだけど、サイキックってその能力を自分で コントロールし、自分の役割、使命に気づくまでがすごく 苦しいみたいだ。 今までお会いした能力者の方々、 …

親に相談してもさらに追い詰められるけど、もう1人で抱えきれない。

睡眠薬ばかり飲んでいる夫と毎日生活を共にしてて私はもう、ほんとにいっぱいいっぱい。それでも近場に子供連れてレジャーに出掛けたりすることで気分転換をはかってきたけど、家に帰ればやはりまた夫の生気のない顔をみなくてはならなくて何も解決しない。…

睡眠薬の怖さ

夫は向精神薬のリスパダールを断薬したが今も睡眠薬には強く依存している。というより、今までより睡眠薬の服用量が増えている。 心の病に薬はいらない? - 子の心親知らず の記事でも書いた通り、向精神薬を抜く場合、最後まで残るのが睡眠薬であり、統合失…

向精神薬を断薬してからの変化

夫が向精神薬をやめて、2か月が過ぎた。薬をやめたら、幻聴が聞こえなくなったそうだ。それに、性欲が旺盛になった。妊娠前、私が誘っても、しんどいとか気が乗らないとかでたいてい断わられて、女性として私はけっこう傷ついたりしていたのに、あの頃は暇…

ハンガーストライキ

ここ数日、ちょっと食べるようになってきてたけどまた食べなくなった。きっかけは、私が晩御飯作らなかったこと。私、料理はそんなに好きじゃない。そんな暇あったら他にしたいことある。夫と喧嘩した時、ムカついている時、元気がない時、余裕がない時、私…

夫婦の役割分担表、時間割を作る

夫が朝起きた瞬間から夜寝る瞬間まで、ずーっと自分の話を私に聞かせてくる。自分の仕事のこと、メルマガのネタ、FBの友達の話、思いついたこと、自分の容姿について、などなど・・・・私が子供に離乳食をあげている時も、洗濯機に洗濯物を入れている時も…

ハイヤーセルフは身近な人を通してあなたに大事なことを伝えている

シータヒーリングでは、いつも創造主やハイヤーセルフ(高次元にいる自分)からのメッセージがヒーラーさんを媒体として伝えられるのだが夫のシータヒーリングが終わった後、彼が「ハイヤーセルフがこう言っているんだって」と私に報告してくる内容を聞くた…

食べない夫

夫は極端な人だ。1か100か彼に、50という選択肢はない。糖質制限をしていた時、彼はお米を1粒も口にしなかった。それで3ヶ月で8kgくらい痩せた。1年半経って糖質制限をやめた途端、白いご飯を人の2倍食べるようになった。体重も、完全にリバウンドした。一…

同期する

夫は、あらゆるところで私に同期する。つまり、夫にはその時の私と同じ現象が起きる。私がトイレに行くと、夫もトイレに行く。私がリビングを出ると、夫も出る。私が昼寝すると、夫も昼寝する。驚いたのは、妊娠で私は最終的に10kg太った。なんと夫もちょ…

生きているだけで存在価値があることを認める

私の母はことわざを日常的に使う人なので、私もいつしかそうなった。「這えば立て立てば歩めの親心」子供が這うようになれば早く立て、と思い立つようになれば早く歩け、と願う。親はいつも子供の成長を願っているものだ、という意味。このことわざ、親から…

ただ夫を信じることの難しさ

夫は、あまりにも世間一般の考え方からかけ離れているのでこの人と一緒にいると、私は何を信じたらいいのか、ほんとに分からなくなる。私の中の常識は、ほとんどが親からの洗脳ではあるけれどおそらく現在の大多数の人の常識とそんなに違わないと思っている…

後追いしてくる夫

赤ちゃんが、ハイハイできるようになると母親の後を追ってくるようになることを、「後追い」と言うらしい。娘はまだハイハイしないのでそれはないが、家の場合、夫が後追いしてくる。常に私とおしゃべりしていたい彼はリビングにいた私が各用事で動くとそれ…

地球は行動の星だからね。

あれこれ情報商材にお金を払ってあとは言われたことをやるだけ!という状態の現在の夫。成功者はみな、手書きで目標を紙に書いている。手書きで書いたものを毎日眺める。そうすると脳にインプットされるので行動がその目標に自然と向かうようになり、それは…

逆の人

夫の行動は、逆じゃない?ということが多い。例えば、お風呂に入るときは浴室のドアを開けて、上がったら閉めて出る。いや、入ってる時閉めて、出たら乾燥させるために開けるでしょ! 待って、と言えば動くし行って、と言えば止まる。強盗犯だったら撃たれる…

申し込みたい病

夫は、申し込みたい病だ。また、「病」とかつけたらすぐ人のこと病気扱いすると言って怒るけど。じゃあ、癖、かな?検定試験、講座、学校、何でもお金を払って申し込むのが大好き。ただ、申し込んだ時点がやる気がピーク。そこから、勉強しない。当日、行か…

夫の怒りの理由

夫は、最近怒っている、と自分で毎日のように言う。なんか、怒っている。怒りっぽくなっている。結局、お金を自分で稼がなくてはいけない状況にとうとうなったのがムカつくみたいだ。彼が望んで、嫁をもらった。彼が望んで、子供を授かった。彼が望んで、親…

神様に愛される人、愛されない人

夫は、神様に愛されている。青森の神様、まばゆい巨大な神棚を背にして木村藤子さんははっきりおっしゃった。「神様はあなたみたいな人、大好きよ。」夫の魂は、すごく純粋で透明で、神様が抱きしめたくなるくらいらしい。木村藤子さんにしても、岐阜の気功…

愛か感謝か

今朝、夫はついにカーテンを開けた!半分だけ。。。でも起きたらリビングに明るい日差しが入っていて、気持ちよかった。ゆうべ寝る前に、夫に愛情と感謝の違いについて話したからかもしれない。夫は、感謝も愛情のうちだと思っているけれど、私は思う。感謝…

夜中の夫のインナーチャイルド

最近、夫は夜中に鼻歌を歌う。だいたい、娘のプレイジムの曲。本人は眠っているが、顔を見ると楽しそうにニコニコしている。楽しそうだから、いいんだけれども、せっかく娘が朝まで続けて寝てくれるようになったのに、私は夫の突然始まる鼻歌で起こされる・…

里帰り出産の理想と現実~日本出国を決める~

実家に戻るために、アパートの荷物を片づけている時夫は、「隣若いカップルじゃなかったね。おばさん2人だった。」夢から覚めたかのように自分が聞いた若いカップルの声は、存在していなかったことを認識した。もうここを離れることを決めたから意識が正常…

里帰り出産の理想と現実~結局また実家へ~

アパートで夫が暴れること3回。私のプチ家出1回。3度目に夫が暴れた時は、私は娘と実家に避難して夫には、どこかに行ってきてくれ、とお願いした。その時の様子は旧ブログ→新婚生活は妄想との闘いたったの2泊、近くのホテルでやり過ごして戻ってきた夫は…