子の心親知らず

実の母親に家庭を壊された毒親育ちのシングルマザーが親子のあり方を考察するブログ。

夫婦

体調不良は一緒にいる人が原因のことも多い。

例の魔界人親子と同棲している アメリカ人男性が昨日 「今年はすこぶる体調が悪い。 60年の人生で一番体調が優れない。 気候のせいかバイクに乗っているからか 仕事が原因か全くわからないけど。」 と私に話してきた。 彼の体に今年起こったこと 気管支炎 謎…

健全な家庭で育った人と毒親家庭で育った人はケンカの仕方が違う

子どもの幼稚園が始まって 40日ぶりの1人時間は、恋愛映画を見ることにした。 菅田将暉尽くし。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b…

愛する人をなくして思い出すこと

tver.jp 『妻、小学生になる。』 愛する人を亡くした人は 見ずにいられないテーマのドラマ。 夫を亡くしてから ドラマや他人の物語への感情移入がさらに 強烈になった。 歳を重ねて、経験を積んで 共感、理解できる物語が増えて 涙なしには見られないものが…

役目を終えた人々との別れ。人生に必要ない出会いも別れもない。

年末までは、私は楽しい仕事と 新しい恋でワクワクウキウキの日々を 過ごしていた。 年明け早々、子どもの発熱によって 長い長い冬休み前の貴重な一人時間になる はずだった1週間が見事に奪われ その間に義母の逝去の訃報からの 毒母とのバトル再燃。 なか…

夫婦仲を保つために子供の心を犠牲にする全ての親に制裁を。

自分が子をもって、 子どもの心の純粋さ、健気さに 胸を打たれる日々。 子どもは、100%全身全霊で 親を信頼し、愛し、愛されたいと 願っている。 例外はない。 子が親を思う気持ちの強さは 親が子を思う気持ちを上回っている。 だけど親も親なりに いろいろ…

ドラマ「リコカツ」国家と人命を守る自衛官の家族は幸せなのかという問題

tver.jp またまたドラマからの気づきです。 「リコカツ」の主人公紘一は航空自衛官だ。 私の父は陸上自衛官だった。 自衛官の娘として、紘一の言動に そうそう!と思うところもあれば いやいや、と思うところもあって このドラマはコメディとして面白い。 そ…

運命の相手の見極め方:その人と一緒になったことで周りもハッピーにしているかどうか

私が自分自身の痛い経験とその後の 精神修行と観察からよくわかったこと。 運命の相手のことを英語で Mr./Ms.Right と言うらしい。 つまり「正しい相手」ということだ。 自分にとって正解の人と一緒になっているのか どうかを見極めるには 周囲の反応を観察…

夫と復縁した夢

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 私たちは空港の待合室の椅子に 並んで座っていた。 夫の隣には5歳の娘がパパの膝に 頭をのせてスヤスヤ眠っている。 わたしは夫の腕に腕を絡めて 彼の肩にもたれかかりながら 彼に聞いた。 「ねえ、今はもう海外旅行…

大切な人を失わないために必要な3つのこと

元夫がこの世からいなくなってしまったことを知った今年。 折しも自粛や鎖国で家でじっとしている時間が多く、嫌でもいろいろ考えてしまう。 実家の私の部屋には元夫が買った本が たくさん残されている。 里帰り出産の時に持ち帰ってきたもので 一部は別居後…

親が仕事などで自己実現することに夢中になると失うもの

これはわたしの後悔からの分析です。 わたしは出産直後、夫が仕事をしていないことが 急に不安になり 当時資産家の夫の両親からの仕送りとカードで 十二分に贅沢な暮らしができていたにも関わらず 今は大丈夫でも両親ももう歳だし いつ切られるかわからない…

育児に男はいらないかもしれないが育児する女には男が必要だ。

私の母は私が出産後退院して最初の沐浴の時、手伝おうとした夫に 「あんたはいらん!」と言って 浴室のドアをびしゃんと閉めた。 私はあの時の母の形相を忘れることができない。 そしてあの出来事が、新米パパにになろうとしていた夫の心を、どれほど深く傷…

相手が死んだら憎しみは消えるのか

今年の1月に元夫が亡くなっていたことを知って それが離婚成立からわずか1年半のことだったから 離別なのか死別なのかよく分からないような そんな気持ちになっていた。 離婚を決意した頃から 彼はストーカーのような状態になっていて 不気味な投稿をFBにし…

元夫が亡くなりました

日本に一時帰国しています。 昨日、両親から元夫が亡くなったことを聞きました。 9月に亡くなったそうです。 真っ先に、「自殺?」と聞きました。 自宅で頭を強く打ったことが原因で、事故だったと 義父は説明したそうです。 自宅の入ってるアパートから落ち…

男の真のかっこよさは攻撃力より忍耐力にある。

若い頃、ちょっと危険な男が好きだった。 影のある、闇のありそうな男に 惹かれがちだった。 元夫で出会う数年前、 やくざモノのドラマにはまっていた。 10代の頃から 抗争とか仁義とか そんな世界の話を見るのが好きで そこに出てくる男をかっこいいと思…

男の真のかっこよさは攻撃力より忍耐力にある。

若い頃、ちょっと危険な男が好きだった。 影のある、闇のありそうな男に 惹かれがちだった。 元夫で出会う数年前、 やくざモノのドラマにはまっていた。 10代の頃から 抗争とか仁義とか そんな世界の話を見るのが好きで そこに出てくる男をかっこいいと思…

毒親育ちが救いを求めてした結婚は共倒れになる。

私と妹で、半分づつ実家へ帰るゴールデンウィークが 始まった。 この前帰省したとき、妹の話になり、 私がもう一生会わないくらいのつもりだ!と 真剣に言ったら母はこう言った。 「梅ちゃん別にそんな感じじゃなかったけど。 あんたがお母さんのこと鬼やと…

オシャレが大好きな人は結婚できない?!

NHKでなかなか面白い番組をやっていた。 www.nhk.or.jp AIが日本の20万人の結婚できた男女、できていない男女の 行動を1600万パターンに分析、結婚したい人がするために最も重要なことは何か? というようなことをやっていた。 結婚相談所の相談員たちも驚い…

元夫がストーカー化することはもう恐れなくていい

2012年の冬至、地球は次元上昇(アセンション)したそうです。 ”アセンション”という言葉、実は統合失調症の元夫に 教えてもらった言葉、概念でした。 2012年の年末、私たちはとある異国の地にいました。 その年の3月に結婚式をして 異国の地で一緒に暮らし…

夫婦円満の秘訣:夫婦で共有する時間は生活の4割までに抑えること。

ハリウッドセレブが頼るアメリカ在住のマスターヒーラーDr.小林健の本を読んだ。 愛がすべてを癒す —地球でいちばんシンプルな 幸せの法則— (veggy Books) 教えて!ケン先生! という質問形式になっているのだが 夫婦関係を維持するのに必要なことが書いてあ…

最強の縁切り神社 安井金比羅宮

話の通じない元夫との離婚を決意したとき 彼が一切私の気持ちをわかってくれないので 離婚が無事に成立するよう縁切り神社にお参りした。 あの時は3つくらい行ったと思う。 中でも調べた中で最強との声が多い 京都の安井金比羅宮。 安井金比羅宮 おびただし…

覆水盆に返らず

「家売るオンナ」をHULUで見ている。 最初は期待していなかったけど 見てみたら家を通していろいろな家族の形が 表現されていて、結構面白い。 今日見た第7話に熟年離婚する夫婦が出てきて 夫の方が離婚を止めようとする娘に 「覆水盆に返らず、なんだよ。…

夫婦には外側の障害と内側の障害のどちらかが必ずある

私がまだ結婚する前 「夫婦には外側の障害と内側の障害のどちらかが必ずある。 2人で乗り越えなけばならない試練があるか、それがなければ 夫婦の間に争いが必ず起きる。」 こんな言葉を聞いた。 聞いたのか読んだのかも忘れてしまったけど この言葉は当時結…

玉の輿に乗ってはいけない。

結婚は家と家の問題だとよく言う。 結婚ともなれば親が口や手を出してくることも しばしば。 それで破談になったり離婚に至ってしまうことだってある。 私は自分たちが離婚してしまったのも 結局は双方の親に本当の意味で祝福されていなかった からなんじゃ…

女は妊娠中と産後2年くらいの間にされたことを忘れない。

Eテレでイギリスの離婚ドキュメンタリーをやっていた。 国が変わっても人間皆同じ。 かなりのクズ男だった。 夫は今回でバツ2になる。 離婚原因は妻の出産後すぐの夫の浮気。 2人は子供が生まれるまではラブラブだった。 だけど長男が生まれてから、夫は現…

保育参観でパパたちをみて離婚は仕方がなかったと再確認。

保育園で初めての保護者参観があった。 わたしにとって人生初の参観日というやつ。 保育園だからなのか、両親で来ている人も 結構いた。 平日だったのに、わざわざ両親揃って仕事を 休んで・・・ まだまだ小さい我が子を思う親心か。 日本人が仕事人間だとい…

夫が嫌いな子育て世代の妻たち

離婚後最初の職場では、自分がシングルマザーであることを 言わないでいた。 非常勤の仲間はみんな主婦で わたしより大きい子供を育てている人ばかり。 旦那の話が出ることもあり、 離婚したばかりということで気を遣わせても悪いなと 思い、特に聞かれもし…

撤退する勇気

私は大学時代、登山をやっていた。 「撤退する勇気」 登山をするときは、これをしっかりと心に 留めておく必要がある。 人は、始めたことを途中でやめたり 諦めたりすることは心が苦しくなるものだ。 だけど、進んだ方が危ないということがある。 「せっかく…

統合失調症の夫との結婚で必要だった学びとは

新婚の頃 夫の不可解な言動を目の当たりにして 怖くて苦しくて 「私はなぜ統合失調症の人と結婚しなくちゃいけなかった んだろう?世の中にはそうじゃない、普通に働いている人の 方が圧倒的に多いのに、なんでよりによって?」 私が統合失調症の夫をもつに…

近くの身内より遠くの他人

それから私は結婚生活への未練をきっぱり捨て 縁切り寺へ行き、以前法テラスで相談をしていた 弁護士さんに正式に離婚協議の依頼をした。 離婚の話をするというのは想像以上に辛いものでした。 離婚は人生トップ2の辛いことだと 精神科の待合室に書いてあり…

親との確執を解決しておかないと解消されていない怒りは配偶者や子どもに向いてしまう

毒親からの完全解放 こちらの本に自分の親が毒親かどうか見極める方法が 書いてあります。 一言で言うと、 「あなたが親とは違う自分の意見を言った時に 真剣に聞いて受け入れてくれるかどうか」 親と違う意見、価値観のことを言った時に 逃げたり、有無を言…