子の心親知らず

実の母親に家庭を壊された毒親育ちのシングルマザーが親子のあり方を考察するブログ。

育児

6歳 中間反抗期に親が心掛けること

このところ、娘が反抗的で 私も怒ってしまい、ちょっと悩んでいた。 「何しているの?」と聞くと 睨んできたり 尖った大声で 「シルバニアの本読んでる!!」と 返事したり 靴を放り投げたり 唾を吐いたり 私がパソコンを見ていると 画面の前でお尻を出して…

シングルマザーの子どもが見ない方がいいYoutubeチャンネル

もう何度も娘と喧嘩しているYoutubeのこと。 私が自分の時間を作るために見てて欲しい。 でも見ると娘はないものねだりを始める。 私には与えられないものを欲しいと言って 私を傷つける。 見せたい。 見せたくない。 見てて欲しい。 見て欲しくない。 その…

子どもがいることの何がしんどいのか:ペースを乱される

子どもがいること、子育ての何がしんどいのか。 子ども好きの大学生に聞かれたことがある。 「子どもは可愛くて楽しいじゃないですか。 子どもがいることの何がそんなにしんどいんですか。」 自分が子どもを育ててみなければ 絶対にわからないこと。 たまに…

子どもに大人の気持ちをわかってもらおうとするな

日曜日。 私はすごく落ち込んでいた。 朝起きるなり、子どもが 「どうして中国に来たの?ずっとじいじとばあばの お家にいたかった。じいじばあばに会いたい。 A君に会いたい。Bちゃんに会いたい。」 と言ってきて 「ママこっちにお仕事あるからね。 日本に…

シングルマザーとしてやっていくことに自信をなくしてます

私たちの冬休みは2ヶ月もあって その間、基本娘と2人きりで過ごしている。 去年の冬休みは1つ下の女の子がいる 知人家族のお家に10日も泊めていただいて 一緒に過ごしたので さほど孤独は感じなかった。 夏休みはその家族とは会っていないけど 他の知人友人…

親から健全な愛を得られなかった私たちがすべきことは次世代にそれを繋がないこと

ドラマや映画や小説でも 親から不十分な愛しか得られずに 大人になってもいろんなことがうまくできず 孤独に生きていたり犯罪に走ったりする人が 多く描かれている。 子どもが親を思う気持ちは 地球一純粋で健気で、そして強い。 親への承認欲求は 私たちの…

子どもに人生を捧げない軽やかな親であろう

風邪で引きこもっているのでブログを 書く時間だけはある(悲哀)。 LINEでかなり思っていたことを 母にぶちまけたので、 私が夫と妹を失ったのを母のせいだと 考えていることと、 今後以前のように実家に帰るつもりがない つまり老後の世話をするつもりもな…

母親が子どもを元気に育てていることに感謝する祖母

テレビ電話の後、 母からこのようなメッセージが来ていた。 この不自然さ、気持ち悪さがわかりますか? わからないあなたは毒親予備軍かもしれません! 一見、いい言葉を連ねている。 娘と孫を思う優しいおばあちゃんのように 見えるかもしれない。 しかし!…

年金をもらう年になってから子どもに仕送りをし続けるような親

大前提として 子どもに自力で生きていける力をつけ 自立させることが親の務めである。 野生動物が当たり前にやっている その育児の大原則を なぜか忘れている人間が大勢いる。 子どもに習い事をさせるのも 勉強をがんばらせるのも 好き嫌いなく食べさせるの…

夫婦仲を保つために子供の心を犠牲にする全ての親に制裁を。

自分が子をもって、 子どもの心の純粋さ、健気さに 胸を打たれる日々。 子どもは、100%全身全霊で 親を信頼し、愛し、愛されたいと 願っている。 例外はない。 子が親を思う気持ちの強さは 親が子を思う気持ちを上回っている。 だけど親も親なりに いろいろ…

ゲートが閉じる?冬至に向けて浄化加速中

スピ界ではこの12月22日の冬至に 目覚めと眠りへの分かれ道のゲートが閉じると 言われている。 今世の中で起きていることの見方の違い。 表面を見ているか真相を見ているか。 何を信じているのか。 誰の声を聞いているのか。 自分に正直に生きているのかいな…

家族構成と住環境の変化が子どもに与える影響:怖がりになった5歳の娘

娘はもうすぐ6歳の誕生日を迎える。 もう6年か・・・ 人生史上最強の混乱期を、よくここまで やってこられたと自分を褒めてもいいよね。 育児って仕事と違ってすぐに結果が出ないし 誰にも褒められもしなければ認められることも なかなかない。 夫がいれば、…

コロナ劇場ではっきりした自分が本当に大事にしているもの

この2年に及ぶコロナ劇場で 自分が本当に大事にしているものがはっきりしたと思う。 それまで自分でさえも気づいていない人が多かった 潜在意識レベルで大事にしているもの。 それがあまりにはっきりと表に出てきてしまったから 人々が分断してしまっている…

子供の命を守るために必要なこと

親になってから、子どもが関わる事故の話は辛くてたまらないけれど 中でも親が自分の子を轢いちゃった事故は 最も胸が痛む。 悲しすぎるよ。 その子の命を誰よりも守るべき親が その手で、その命を消してしまうなんて。 その親は、もう一生心から笑うことは …

小さな子どもに見せる世界がこれでいいの?

中国福建省。4歳の子どもが陽性診断され、全身防護服を着せられて1人でCT検査。それを勇気がある、泣かなくて偉い!と褒め称える民衆と記者....こんな小さい子に世界が恐ろしいところだと伝えて美談にするな pic.twitter.com/a6mCo4HVQ5 — 子の心親知らず (@…

「ひとり親家庭の子どもは問題を起こす」という偏見

タイトルの 「ひとり親家庭の子どもは問題を起こす」 という偏見。 ドラマや人の話などでそういうことを 思う人がいることは知っていたけれど 今日直属の上司?が まさにそのような偏見を持っている人だと 知った。 私を採用した主任はこの2年別の場所に研修…

親の無知が子を殺す

news.yahoo.co.jp 日本が台湾に贈ったアストラゼネカワクチンで死亡する人が多すぎて島がパニックになっているなどの 報道が盛んです。 死亡した人はほとんどが高齢者で持病があったとか何とか、例によって 「因果関係ははっきりしない」 で片付けようとされ…

産後うつがコロナで増加している可能性。

今日入ってきた竹内結子さんの自殺報道。 美男美女で若い芸能人の方のコロナ禍での自死が続きますね・・・。 竹内結子自殺の原因は産後うつ?幼い子供の残しなぜ自死を選んだ? | sukima 今年の1月に出産されたばかりだったと。 ただでさえ不安で孤独で情緒…

育児に男はいらないかもしれないが育児する女には男が必要だ。

私の母は私が出産後退院して最初の沐浴の時、手伝おうとした夫に 「あんたはいらん!」と言って 浴室のドアをびしゃんと閉めた。 私はあの時の母の形相を忘れることができない。 そしてあの出来事が、新米パパにになろうとしていた夫の心を、どれほど深く傷…

祖父母の家に滞在していることで娘が受けた悪影響

まだ外国人の入国許可しないから 海外の家に戻れない。 実家にいるのも、本当にもう限界。 この4ヶ月で、娘はどれほど悪影響を 受けたことだろう。 癇癪を起こすようになった。 気に入らないことがあるとダダンダンになって おもちゃをうわ〜と崩したり、全…

子育ての終わりって何?

親は、成人した子供から子育ての通知表をもらう。 成人した我が子にボーガンで殺されるのは、 通知表に書くこともできないほどの 最悪の卒業。 子育ての間違いは 育ててきた子供本人の態度や言動から 明確に示される。 親や祖父母殺しを実行した人は 同居し…

親の心得:子どもの味方であると伝え続ける

私と4歳の娘が実家に滞在して もうすぐ4ヶ月。 娘が命令形を使うようになった。 それは、母が娘に対して命令形を 使うからだ。 母は性格が悪いので 言葉使いも汚い。 「自分で片付け〜!」 「一人でおれ!」 「テレビでも見とけ!」 などの命令形を子どもに …

ワクチンを打たない選択と子どもに良質な教育を与えることの両立

人類の救世主となるはずのワクチンが、人口削減の救世主となるワクチンへ。 www.ted.com First, we’ve got population. The world today has 6.8 billion people. That’s headed up to about nine billion. Now, if we do a really great job on new vaccine…

日本で子育てしたくないシングルマザーたち

トータルで10年海外で生活している私は 海外に住む日本人の番組もよく見る。 日曜日に放送される「グッと地球便」も その1つだ。 今日はブラジルに暮らすシングルマザーを やっていた。 「日本で子育てしたくないと思い、 夫の故郷であるブラジルに移住する…

子どもにうそをついたり隠し事をしてはいけない

昨日の神戸新聞に良い記事が載っていた。 新型コロナウイルスをめぐる情報発信のあり方について ー関西大教授:土田昭司 危機管理コミュニケーションでは、うそで他人を期待 させてはいけない。希望を抱かせてから裏切るのは 「希望の拷問」といい、最初から…

子どもを幸せにする親の心得(シュタイナーからの学び)

私は妊娠中に ”子どもを自由に自然にのびのびと育て、 自立心を養いたい”と 思い、そんな子育てを提唱する本などを読んでいた。 モンテッソーリ、シュタイナー。 自分の両親のそばにいると、そんな思いが ことさらに強くなるためか、 最近シュタイナー教育の…

生き金を渡す親・死に金を渡す親

以前の記事でも書いたが 愛ある親のお金の渡し方と毒になる親のお金の渡し方 - 子の心親知らず 親が援助するお金は子供を生かすこともあれば 殺すこともある。 私の親も元夫の親も、子供が生きるための お金を渡すことができない人だ。 元夫が亡くなったこと…

仕切りたがりで不安な母親の子どもはいじめっ子になる。

ずっと前の話だが こども園のクラス会があった。 私たち親子にとって初めてのクラス会。 全員揃うのを待っている間、仲良しのお友達とそのママたちと和やかに談笑していた。 娘も嬉しそうにはしゃいでいた。 そこへ突然、ある男の子が 無表情でつかつかと寄…

ワクチンの真実を知ろう〜効果がないどころか有害!〜

私は元夫が精神病だったことから 医学のことも勉強してきた。 そして調べて知って悩んで迷って 結局、娘にはワクチンを1本を打ってもいない。 結果、もうすぐ4歳になる娘は非常に健康優良、 こども園で感染症が流行しても鼻水と咳だけで ウイルス撃退。発…

親にできるのは、子どもを信じることだけだ。

ご無沙汰していました。 新しい環境に引っ越してなんやかんやと 大変でした。 子どもがいると引っ越しの煩雑さが2倍にはなり、 引っ越しに慣れている私でもたった1人で全ての 手続きと荷造りをしたため過労になり 蕁麻疹のようなものが出ました。 出発当日…