子の心親知らず

出産後2年で離婚した毒親育ちのシングルマザーが親子のあり方を考察するブログ。

育児

子どもの言葉は言葉通りに受け取ってはいけない。

前回ご紹介した本を読み終えたので 誰を人生に引き入れるかは自分で決められる - 子の心親知らず 昨日から読み始めた本。 子どもを幸福にする愛、辛くする愛―“こころ"を育てる心理学 (青春文庫) 多くの親子問題の本を出版されている 加藤諦三さんの本です。 …

育児は助けがなければノイローゼになるレベルのストレスである

離婚協議中に救いを求めて本やブログを読み漁っていたとき タイトルのこの言葉に出会った。 育児は助けがなければノイローゼになってもおかしくないレベル 雑誌の対談だったかな? あの頃必死だったので多くの情報をインプットしすぎて 記憶が曖昧。 そうな…

日本はもはや後進国である。

子供の熱も下がり、ウイルスにも感染は見られないと 医者に診断もしてもらって、薬を与えて今朝は 保育園へ送って行った。 登園の時に 園の中で保護者に大事な話をする時出てくる 一番ベテランの先生がちょうど 「りんごちゃん体調どうですか?」と出て来た…

子どもに我慢ばかりさせていると思春期青年期に暴走するよ

娘を通わせている保育園では定期的に保護者学習会をやる。 園生活の様子をスライドでみながら保育士さんの説明を 聞き、理事長の保護者に向けたお話がある。 この理事長はモンテッソーリ教育の系統を支持していて 「子供の自主性を伸ばす」ことを柱とした方…

女は妊娠中と産後2年くらいの間にされたことを忘れない。

Eテレでイギリスの離婚ドキュメンタリーをやっていた。 国が変わっても人間皆同じ。 かなりのクズ男だった。 夫は今回でバツ2になる。 離婚原因は妻の出産後すぐの夫の浮気。 2人は子供が生まれるまではラブラブだった。 だけど長男が生まれてから、夫は現…

アンガーマネジメントができなくなっている日本人ママたち

アンガーマネジメント=怒りの感情を管理すること 最近、アンガーマネジメントやアンガーコントロールの 必要性が叫ばれている。 アンガーマネジメント入門 (朝日文庫) 叱らないでOK! な子育て (クーヨンBOOKS) 私が出産後日本に戻ってきて一番びっくりした…

不機嫌な人は、甘えている人

結婚して、精神を病んでいた元夫の不可解な言動を 理解しようとたくさんの心理学、精神病理学、親子、 人間関係についての本を読んできた。 その中で一番心に引っかかったのが 「甘え」の仕組みについて。 結婚当初に読んだのはこの本。 「甘え」の構造 [増…

子どもが育つには複数の大人が必要。それでもわたしが実家に帰る理由。

お盆休みは10日ほど実家に帰っていた。 これほど毒親だとか嫌だとか離れなきゃとか 言いながら、それでもわたしが実家に帰る理由。 娘がジジババに会いたがるから。 娘は1歳2ヶ月の時からもうパパとは別居しているから 「パパ」という存在は知らない。 保育…

夫が嫌いな子育て世代の妻たち

離婚後最初の職場では、自分がシングルマザーであることを 言わないでいた。 非常勤の仲間はみんな主婦で わたしより大きい子供を育てている人ばかり。 旦那の話が出ることもあり、 離婚したばかりということで気を遣わせても悪いなと 思い、特に聞かれもし…