子の心親知らず

出産後2年で離婚した毒親育ちのシングルマザーが親子のあり方を考察するブログ。

親子

人間には3種類いる。男、女、そして母親。ドラマ「Mother」を観た感想。

坂元裕二という脚本家が書いた、 『Mother』というドラマを見た。 主演が松雪泰子さんで、私はあまり好きじゃないので 今まで見ていなかったのだけど 坂元裕二さんがドキュメンタリーで出ていて この作品に興味を持った。 「Mother」 今の私の、テーマだし。…

離婚で子どもの家族が減るということ

昨日は七五三のお参りに行って来た。 私の両親が来てくれて、4人で。 子供が生まれてから、だいたいいつも このメンバー。 お参りに来ていた他の家族をみる。 両家の両親、パパママと2人の子ども。 8人の家族が同じロビーにいた。 8人。 うちは4人。 大人は…

謝るとは傷ついた相手の心をなだめること

子どもを幸福にする愛、辛くする愛―“こころ"を育てる心理学 (青春文庫) この本に書いてあったのだけど 「謝るとは傷ついた相手の心をなだめることである」 私は、家族に謝ってほしいと思っているんだなあ、、、 と内側から出てきた。 離婚にまだ迷いがあった…

離婚して生みの家族とも関係が悪化する二重苦

離婚してしまう人って、必ず心に自分でも気づいていない 悪い思考の癖がある。 だいたい、みんな離婚して痛い思いして、 苦しくて苦しくてカウセリング受けたり セラピー受けたりして、第三者の力を借りてから 気づく。 一度の離婚で気づく人もいれば、 気づ…

団塊世代は愛情不足 その子である私たちはどう生きるか

団塊世代とは・・・ 昭和22年から24年の第一次ベビーブームに生まれた 現在最も人口の多い世代のことである。 戦中生まれの親を持ち、日本の高度経済成長、バブルを 経験した世代。 そしてその子に当たる世代は1971年から74年までに生まれた 世代が多く、第…

出産をきっかけに離婚。それでもやっぱり親になれてよかった。

「過保護のカホコ」特別番組やってましたね。 あれは本当に過干渉親をコミカルによく描いていて 面白いと思う。 子どもを産んでから子供が出てくる話に すぐ泣くようになった。 小さな子どもが 「お母さん!お母さん!」って呼んでるだけで もう涙が止まらな…

死んだ人間と生きている人間のどちらを大切にするか

昨日、娘の保育園で運動会のお知らせをもらいました。 ちょうど昨日の朝に七五三の予約のために 来月再来月の親の予定を教えてもらっていました。 なんと・・・運動会の日、両親は父の兄の法事のために 遠方へ行く予定になっている・・・ 前から「運動会は行…

家族の中のスケープゴート

スケープゴート 心理学用語で「集団自体が抱える問題が集団内の個人に身代わりとして押しつけられ、結果として根本的な解決が先延ばしにされること」。 例えば学校や学級自体が抱えている問題が、いじめられっ子をスケープゴートにすることによって一時的に…

殺人事件の半数以上は家族間で起きている。我が子を加害者にしないために心がけたいこと。

警察庁が今年4月、ショッキングなデータを公表した。2016年に摘発した殺人事件(未遂含む)のうち55%、つまり半数以上が、「親族間殺人」だというのだ。いまの日本の家庭や親族内での人間関係が、いかに薄氷の上で危うげに保たれているかを、思い知らされる…