子の心親知らず

出産後2年で離婚した毒親育ちのシングルマザーが親子のあり方を考察するブログ。

シングルマザーの胸が痛む父の日

母の日以上に胸が痛む

父の日。

 

私は子供の頃から父の日も

欠かさずメッセージと贈り物を

してきたけど

 

自分が父親のいない子を

育てることになった時から

自分の父の日もスルーするようになった。

 

父に対しては、母ほどの思いは

ないけれど

まあ、私が毒母だと気づいて闘っている時

父は何も聞かずに100%母の味方をしたし

 

結局両親は共犯だから

 

それに何より

私の幼い可愛い娘に「父の日」が

存在しないのに

私に存在してはいけないような気がする。

 

母の日と同じように

父の日もスルーでいいと思っていたのに

 

今日娘の幼稚園が急遽

お迎え時間に父の日イベントを

やると言って

 

「パパがお迎えに来てください。

来られない人はおじいちゃんでもいい。」

 

と連絡があり

一斉にパパたちがお迎えに行って

それから少し園庭で何かイベントをやる

らしかった。

 

今朝言われてその時間に仕事を終えられない

パパももちろんいるし、いろんな都合で

参加できない人もクラスにもいるようだったけど

 

私は、何だかとても悲しくなってしまった。

 

今、日本の園なら

単身家庭に配慮してこんな一斉イベントは

やらないと思うが

 

中国はそんな配慮はしない。

 

「うちは参加できる男性がいないんだけど

どうしたらいいですか?」

と担任の先生に連絡したら

 

「ママが来るしかないですね。

動画撮るだけでもいいですよ。」

 

と言われたので

嫌なこった、と思った。

 

「父の日」を過ごした経験がなく

存在すら知らない娘が

クラスのお友達がみんなパパが来て

おそらく今日園で作った手作りの

カードを渡したり、パパに抱っこ

してもらったりするのを

 

シングルマザーの私が動画を撮って

娘をポツンとさせるなんて

そんな無神経なこと、できるわけないだろ!

 

だから

「迎えに行ってすぐ連れて帰っていいですか」

と言って、イベントが始まる前に1人だけ

帰らせてもらった。

 

私はこれまで運動会も子供の日のイベントも

保護者会も全て1人で参加してきた。

 

パパママ揃って来る家庭を見ても

ママだけの家庭も多いので

特に気にはならなかった。

 

離婚した最初の年の日本の園の

運動会が、そう意味では

一番しんどかったけど

それ以降は、別に何とも思わなかった。

 

だけど今回のように

「男性が来てください」と

言われたらお手上げ。

 

この幼稚園では5月の母の日は

何のイベントも、子供たちの

手書きのカードも似顔絵も一切

何もなく、スルーだったのに

 

何で父の日だけこんなこと

するんだろうって

うちの娘にパパもじいじもいないこと

担任も園長も知ってるのに

何でわざわざするんだろうって

(まあ、うち1人に配慮するのも変だけどね)

 

久々にちょっと落ちた。

 

イベント開始10分前にお迎えに行って

すでにスタンバイしてるパパたちに

見られながら

1人だけ先に門から出してもらった娘。

 

彼女は今日あることを理解していなくて

「今日なんでりんご1番に帰ったの?」

「うん?ママ今日早く来れたからね」

「え〜、一番なんて嬉しい♪」

 

とはしゃいでいる娘の背後遠くで

イベントの始まりの音楽が

流れ始めたのだった・・・

 

私はいたたまれなくて

つい

「帰ってじいじに電話しよっか」

と言った。

 

娘にもママ以外の家族がいるんだって

私が自分を慰めたかったのかもしれない。

 

やっぱり、せめて彼氏が欲しいかな。

 

こんな時、

「俺が行くよ」と

行ってくれる男の人がいたら

どれほど心が楽かな。。。

 

まだ娘は言語の問題もあって

理解していないけど

小学校にもなれば、わかってしまうしね。

 

久々切ない。

 

早く愛と調和だけの世界へ

行きたいと思う

今日この頃です。