子の心親知らず

出産後2年で離婚した毒親育ちのシングルマザーが親子のあり方を考察するブログ。

日本はもはや後進国である。

子供の熱も下がり、ウイルスにも感染は見られないと

医者に診断もしてもらって、薬を与えて今朝は

保育園へ送って行った。

 

登園の時に

園の中で保護者に大事な話をする時出てくる

一番ベテランの先生がちょうど

「りんごちゃん体調どうですか?」と出て来たので

昨日の電話のことについて話した。

 

昨日わたしの母に電話をしたのは

この先生の指示で別の先生だったそうだ。

 

わたしは

「親には救急車で運ばれるとか

わたしと1日連絡がつかないとかの本当の緊急事態以外は

連絡しないでほしい」と伝えた。

 

「親は車で2時間かかる遠方に住んでいて

連絡もらったからといってすぐに来られるわけじゃないし

過度の心配性なのでなんか大ごとになって

親の対応の方が大変だった」と。

 

そしたら先生は

「園としては緊急連絡の準拠に基づいて

親御さんに連絡がつかなかった場合は職場、次は

緊急連絡先として記入いただいているところへ連絡

させていただくことになってますのでご理解いただきたい」

と言った。

 

親御さんに連絡がつかなかった場合。

 

同じ時間に2回連続で電話して3分以内に
折り返しの電話がなかったらそれはもう

「連絡がつかない」になるんですか?

 

わたしは幾ら何でもそれは早計だろうと思うので

 

「わたしに2回かけてから5分以内に職場と親にも連絡

してましたよね?

どうして10分15分折り返しをお待ちいただけなかったのかな?

と思ったんですけど。

5分ってトイレに行ってたとか自転車運転してたら

1回で電話に出られない時もありますよね?

わたし基本家にいるので連絡つきますし見たら折り返してます

ので。」

 

そんな感じのことを言った。

 

そしたらその先生は

「そうですか。ではできるだけお母さん連絡がつく状態に

していただいて・・・・」

 

だからさ、同じ時間に2回連続でかけて5分以内に
折り返しがなかったら連絡がつかない、緊急事態だ!

職場だ緊急連絡先だ!となるのは焦りすぎでしょう。

 

あなたは24時間1回で全ての着信に応答できるんでしょうか?

 

それに子供は別に痙攣してたとか泡吹いてたとか

意識不明とかではなく

 

よくある普通の発熱だったし

迎えに行った時も笑って自分で歩いて自転車まで

行きました。

 

それくらいの状態で職場や親に連絡して

親が高速2時間ぶっ飛ばして来たら

逆にこっちが病気になるくらいストレスです。

 

なんなんだこの国は!

 

わたしは10年近く海外数カ国で

暮らしていたので外から日本を見るところがあります。

 

オランダなどのヨーロッパ諸国では

乳幼児の発熱の場合も

40度超えて痙攣などがない場合は

自宅で安静にさせるだけ。

 

当然解熱剤などというバカな処置はそれくらいまで

しません。

 

日本ときたら38度くらいの熱ですぐに

医者は解熱剤を処方する。

 

体内に侵入してきた

ウイルスをやっつけるために体は

熱をあげているのに

 

それを薬で無理やり下げたら

ウイルスは死ななくて感染します。

 

熱というのは40度を超える高熱が

続いて痙攣や意識障害の危険があるくらいに

なってはじめて無理やり下げる処置をする必要がある

のです。

 

それまでは体が熱でウイルスと闘っているのを

応援するしかない。

 

体の仕組みを少しでも勉強したことがあれば

これくらいのことは知っているはず。。。

 

え?日本人は知らないの?

本当に日本の常識は世界の非常識。

 

保育士さんって何のプロでしょうか?

 

病児保育をする訳ではないので

病気の専門知識はもちろんない。

 

預かっている間子供達の安全を守るのが

仕事だから1人体調が悪い子がいたら

すぐに園外に出して他の子への感染を

防ぐ必要がある。

 

病気の処置はできないし

他の子への影響を防ぐために

一刻も早く親に迎えに来てもらいたいから

そんなに焦って電話かけまくるんですね。

 

それはわかります。

 

園としての事情、ルールがありますので・・

だったら家庭の事情があることもご理解いただきたい。

 

退職のことまで勝手に伝えるのは如何なものかと。

 

日本は本当に人の目とルールだけを重視している

後進国です。

 

今朝もどっかの市議会で女性議員がのど飴をなめていた

ことを咎められて議会が8時間中断し

その議員が出席停止処分になったことに対し

 

世界のメディアが

「飴をなめていたことが理由で出席停止処分!」

「日本はルールにとらわれすぎている国」

 

と批判していました。

 

世間から咎められないためのルール

みんなと一緒でなければならない足の引っ張り合いの

社会。

 

本当に大事なことを見失い

細かいことにばかり神経を集中させている

この国は

 

もっと浄化される必要があると

思っているのはわたしだけではないようです。