子の心親知らず

出産後2年で離婚した毒親育ちのシングルマザーが親子のあり方を考察するブログ。

ワクチンの真実を知ろう〜効果がないどころか有害!〜

私は元夫が精神病だったことから

医学のことも勉強してきた。

 

そして調べて知って悩んで迷って

結局、娘にはワクチンを1本を打ってもいない。

 

結果、もうすぐ4歳になる娘は非常に健康優良、

こども園感染症が流行しても鼻水と咳だけで

ウイルス撃退。発熱したこともこの4年で

三回程度しかない。

 

小さい子供はしょっちゅう熱を出すのが当たり前?

それって、ワクチンという化学物質を未完成の体に

大量投入されたことが原因かもしれません。

 

インフルエンザのワクチンを一家で接種した

家族は全員インフルエンザにかかってこども園

休んでいた。

 

「でも予防接種してたから重症化せずに済んだ〜」

ってママが言ってた。

 

へ? 「予防」するためにわざわざ痛い思いさせて

打ったのに「予防」できてないやん。

 

全く接種してない私たち母子は流行時期も普通に

人混みとかも行っていたけど風邪すら引かなかった。

 

肺炎ワクチンを打った母はそのあと見事に肺炎に

かかっていた。

 

「でも予防接種してたから重症化しなかったわ」

ってこの人も言ってた。

 

は? いやだから、アホなん?

気づきなさいよ!

 

体が完成している大人であっても

この有様である。

 

自己免疫機能形成中の乳幼児に

わざわざすでに自然にはもう感染しない

ウイルスを免疫器官である粘膜を通すことなく

直接血管に投入。

 

猿やうさぎなど異種の細胞が混入し、

水銀やアルミ、ホルマリンなどの有毒物質を

混ぜて製造された異物がいきなり血管に

侵入することは、自然界ではありえない現象である。

 

神は病を作らなかった。

病を作っているのは人間である。

 

 

そう、人間を病気にしているのは

外でもない人間なのである。

 

ワクチンを1本も打っていないことを

知ると「抗体ある?大丈夫?」と心配してくる

ママさんがいる。

 

私は何も調べず知らずにお上の言うままに

赤ちゃんに異物投入してしまったあなたのお子さんの方が心配です。

 

10年後に、神経系に影響が出てくるかもしれない。

製薬会社や医学界は当然頭の切れる人たちが集まっているので

接種してすぐに具合が悪くなるようなバカな真似はしない。

 

たっぷり時間が経過してから

それは個人の体質の問題だと

関連は認められません、と言える時期になってから

本当の副作用は現れる。

 

私は小さい頃よく熱を出す子供だったと母は

まるで私が生まれつき体の弱い子だったかのように

言う。

 

喘息もあった。

 

それは私がワクチンを何本か打たれ(今より圧倒的に少ないし

0歳ではほぼ打っていないが)

父がスモーカーだったことが影響しているはずである。

 

水泳に通わせるようになってから健康になったと

母は自分の選択の正当性を今でも主張しているが

そもそも、ほとんどの赤ちゃんは生まれつき健康なのである。

 

神は人間を病気にしたくて生まれさせるわけじゃない。

もともと健康な子供を人間の大人がわざわざ不健康に

して、ワクチンや薬や何やらで「してあげてる」

自己満足を得ているだけ。

 

何も「してあげない」と保護者としての

達成感や自己満足感がないからだ。

 

何かしてあげたら、ひとまず自分のことは

責めなくていい。安心。

何もしてあげないと自分が悪い気がして

不安で仕方ない。

 

よそと足並み揃えないと仲間はずれが怖い。

みんな同じならとりあえず安心。

 

それは本当に子供を思ってのことか

自分を救うためか?

 

ひどい自治体では予防接種を拒否している親を

育児放棄呼ばわりするそうだが、

では予防接種をしていない子供が感染症にも

罹患せずすこぶる健康で快活に育ち

 

フルコースで接種した子供がアトピーやアレルギーや

自閉症や自己免疫疾患にかかって生涯病院通いを

余儀なくされている真実はどう説明するのか?

 

どっちが虐待なんだろう?

 

日本のこども園では接種していないことを

伝えると

「じゃあまた時期みて接種も検討してくださいね〜」

と軽く流して終わったが

 

保健師や小児科医の中には

とんでもない親がきたと言うような顔を

する人もいる。

 

こども園もね〜、本当は怖いな〜って

思いながら預かってるんでしょうね〜。

 

こんなことを言った園の近くの小児科医が

いた。

 

「怖い」

 

それは接種していない子供が感染源になる

可能性を指して言ったのだと思うが

おかしな話。

 

なぜなら接種した子供から感染症

広がっているからである。

 

ワクチンをきちんと真面目に?打った

あなたのお子さんは今まで何回感染症

かかりましたか?

どれくらいの頻度で熱を出しますか?

 

ポリオも肝炎もすでに先進国では自然に

感染することはとっくに無くなっていたのに

ワクチンでわざわざ復活させたそうだ。

 

ワクチンも、小児科も、お金である。

お金が生まれていることを忘れてはいけない。

 

引っ越してきたこちらの幼稚園では

ワクチン事情は日本より少し遅れているので

園に健康診断にきた保健所の人に

個別に話をされた。

 

もう3歳を過ぎているので

今更3歳以下に推奨されているワクチンは

打ちません。

現にほぼ病気したこともなく健康そのものである

ことが証明です。

 

それから日本では薬害問題が結構社会問題にも

なっていてだんだんとワクチンを打たない選択を

する親も増えてきているのだとか

 

国によって種類も時期も違うし強制度も違う、

自分の知り合いにワクチンが原因で重度の

精神疾患になった人がいるとか

 

あーだこーだ説明し

明らかに面倒だなあ、厄介だなあ、と言う顔を

されたが

 

後日「私は国で定められている定期接種を1本も

打たせていません。以後接種することも拒否します。」

というような宣言文にサインさせられた。

 

これは保健所の人、幼稚園の関係者の責任ではないと

証明する書類である。

 

私たちは説明義務を果たしたけれど

親がどうしても打たせないって言うんだから

結果については親が責任をとりますよ。

 

その署名である。

 

予防接種をしないことの結果に

対して保健所や園は責任を持ちません。

 

では予防接種をしたことの結果に

対しては?

署名などしないが当然責任は持ちません。

 

個人の体質のせいだと片付けられるだけ。

 

まあ、サイン1つで済んだから

よしとしよう。

 

だけど、内海医師の講演の動画が

何十万回も再生されているし

世界の常識と非常識がひっくり返るのは

もう時間の問題だろう。

 

我が子が小学生の頃には

「え?予防接種全部受けたの??

それは心配だね〜。解毒にいい食べ物食べさせないと」

という会話になっているかもしれない。

 

神は病を作らなかった。

病を作っているのは人間である。

 

 

子供が健康で生まれることが自然。

ワクチンも薬も病院も、お金と権力が絡んだ

人間が製造したものであることが

何を意味するのか、調べよう。考えよう。

 

ちゃんと、知ろう。

 


「すべてのワクチンは一切効果が無く有害!」内海聡医師ワールドフォーラム2014年7月