子の心親知らず

出産後2年で離婚した毒親育ちのシングルマザーが親子のあり方を考察するブログ。

わたしが海外で自立した生活を送ることが許せない執着母の本音語録

わたしを自立させたくない執着母の

身の毛もよだつ本音語録。

 

1.夫と別居していた時

必死に辛い気持ちを訴えていたわたしに

言った一言

 

「あんたを○○に行かせたんが

失敗やったわ」

 

○○=夫とわたしが出会った場所(海外)

ちなみに出会ったのはわたしが33歳の時

 

母がわたしの居場所を決める権利など

とっくにない立派な成人の娘に

親が”行かせる”とか”行かせない”とか

決める権利があると本気で思っている。

 

実際にはわたしは一切相談などなしに

事後報告で旅立ったし、

わたしは逆にこの決断が人生最大の成功

だったと思っている。

 

2.藤岡弘さんの娘がアメリカに留学したいと

言ったら弘さんはどんな反応をするかという

モニタリング番組を見ていた時

 

「そんなん許せるはずないやん」

 

実際の弘さんの反応は

「おお、いいじゃないか。

夢はねえ、大きい方がいいんだよ!

行ってこい!」

 

藤岡弘さん大好き。

理想の父親。

 

わたし「さっすが、最高のお父さん!

子どもの自立を喜んで応援するのが親だよね〜、

大好きだわ、この人」

「子どもの人生親が許すとか許さないとか

じゃないし」

(独り言)

 

母:鼻で笑ったあと無言・・・

 

3.わたしと夫が生後3ヶ月の娘を連れて

ヨーロッパへ発つ前日の晩。

 

荷造りするわたしの背中に向かって

正座し

 

「ゆきちゃん(母はわたしを制したい時

決まって先に大きめの声で名前を呼ぶ)

(その後急に小声で)

お父さんお母さんは、敵なん?

あんたらが外国行ったら、、、母さん

淋しい」

 

いよいよ不機嫌では制御不能となった段階で

母は可哀想なお母さん作戦を仕掛けてきます。

(見えすいてる〜)

 

4.中国在住日本人が日本に帰国できなくなった

今年の2月。

 

「勝手に外国なんか行くアホは放っておいたら

ええねん。税金でチャーター機なんか出さんで」

 

注:娘と孫も1月まで中国におりました・・・

それにほとんどが仕事で行ってる人たちなのに。

 

5.最近入国制限が緩和されたから

海外の家に戻れるかも、と話した2日後

 

日本の南の方に台風10号が新たに発生する

可能性、というニュースを見ていて

 

「ねえねえ、もう一個新しい台風できたんやって。

これほら、確か2018年に関空の橋が壊れた台風

あったやん、あれと同じルートなんちゃう?

(ニヤニヤ)」

 

その時点で台風10号は発生の可能性、という段階で

ルートなどまだ分かっていない。

 

この人、わたしが外国に戻るかもと知って

また関空が水没したらいいと思ってるんや!

 

とそのニヤニヤ顔を見て気付き

身の毛がよだちました。

 

普通に、母親としてとかじゃなく

人としてこんなこと言う人嫌じゃないですか?

 

どうぞこの低級な魂の持主に

天罰を・・・