子の心親知らず

出産後2年で離婚した毒親育ちのシングルマザーが親子のあり方を考察するブログ。

人生・この世界のこと

団塊世代は愛情不足 その子である私たちはどう生きるか

団塊世代とは・・・ 昭和22年から24年の第一次ベビーブームに生まれた 現在最も人口の多い世代のことである。 戦中生まれの親を持ち、日本の高度経済成長、バブルを 経験した世代。 そしてその子に当たる世代は1971年から74年までに生まれた 世代が多く、第…

夫婦には外側の障害と内側の障害のどちらかが必ずある

私がまだ結婚する前 「夫婦には外側の障害と内側の障害のどちらかが必ずある。 2人で乗り越えなけばならない試練があるか、それがなければ 夫婦の間に争いが必ず起きる。」 こんな言葉を聞いた。 聞いたのか読んだのかも忘れてしまったけど この言葉は当時結…

日本はもはや後進国である。

子供の熱も下がり、ウイルスにも感染は見られないと 医者に診断もしてもらって、薬を与えて今朝は 保育園へ送って行った。 登園の時に 園の中で保護者に大事な話をする時出てくる 一番ベテランの先生がちょうど 「りんごちゃん体調どうですか?」と出て来た…

正しい道を行こうとする時、必ず足を引っ張ろうとする人がいる

先週、離婚問題発生以降定期的に通っているヒーラー、 タロットリーダーさんのところへ行って、 今進んでいる道は間違っていない。 これ以上あれこれやることを増やすのではなく 逆に1人静けさの中に身を置いて一旦落ち着く必要がある。 気分転換にいつもの…

玉の輿に乗ってはいけない。

結婚は家と家の問題だとよく言う。 結婚ともなれば親が口や手を出してくることも しばしば。 それで破談になったり離婚に至ってしまうことだってある。 私は自分たちが離婚してしまったのも 結局は双方の親に本当の意味で祝福されていなかった からなんじゃ…

人間は経験したことしか分からない

人間は経験したことしか分からない。 ここ数日他人の言葉でしみじみこれを思いました。 先日ある女性ばかりのセミナーに参加したのですが 講師がパートナーシップのテーマになった時に 「結局ね、誰と結婚しても同じなんですよ。 誰でも嫌なところは出てくる…

他者との親密な関係構築から逃げていると安定した幸福感は得られない

心理学基礎理論を学んでいます。 自分の経験と考えが、理論を学ぶことで ピタッとピースがハマる感じ。 今の私にとって心理学の勉強は イコール癒しです。 さて、今日のテーマは 「大人の発達段階」 子供は各年齢ごとに発達段階というのがあり、 1歳には1歳…

時代が明らかに変わりつつある

最近続いているスポーツ界の若い選手が 権力者を告発、組織の実態を明らかにするという 出来事。 しみじみ、 やはり長年続いてきた”権力で支配する”時代が もう終わるのだなあ、と思いながら 宮川選手の会見をみていました。 ドラマ「ハゲタカ」でも鷲津さん…

何を食べるかより、どんな気分で食べるか

元夫と別居中の実家暮らしから 離婚成立して母子2人暮らしになって諦めたことがあります。 それは・・・ 料理! 今娘は2歳で、まだまだママにピッタンコです。 私が台所に立つと必ずそばをちょろちょろします。 私と流し台の間に入り込むこともしょっちゅう…

市役所とカウンセラーの連携

今みているドラマの1つ。 『健康で文化的な最低限度の生活』 役所の生活保護の申請を受け付ける課と そこに来る”困っている人々”のお話。 夫のDVが原因でうつ状態のシングルマザーもいれば 父親からの虐待で心に傷を負って働けない青年もいる。 やっぱり、…

不機嫌な人は、甘えている人

結婚して、精神を病んでいた元夫の不可解な言動を 理解しようとたくさんの心理学、精神病理学、親子、 人間関係についての本を読んできた。 その中で一番心に引っかかったのが 「甘え」の仕組みについて。 結婚当初に読んだのはこの本。 「甘え」の構造 [増…

女が女に嫉妬するとき

私と妹が絶縁することになったLINEのメッセージ。 わたしは妹に離婚と実家を出たことを報告し 「自分を癒すためにも心理カウンセラーの勉強を 始めることにしました。生涯勉強!」と書いたら 妹は 「わたしは家族のことで悩んでいないのでアドバイスは 不要…